そういえばイスラム国はどうなった?

 安保法案の通過がされようとしている。
 私は立憲主義を否定する態度は、民主主義の根幹を揺るがす行為で容認できない。

 それはそうと、イスラム国とアメリカの戦いはどうなった?
 なんで情報が流れない?
 インターネットで調べると、6月8日の産経ニュースでバグダットから100kmのラマディをイスラム国が制圧したと書いてある。
 
 もう6月から3か月以上たっている9月の今、バグダットはどうなっている?アメリカの地上戦は?空爆は?
 情報ないじゃ、ないか?

 安保法制はアメリカの言いなりで作られたと思う私にとって、安保法制と深い関係あるのは、アメリカの今の戦争であり、今のアメリカの軍事的関心はイスラム国だろう。
 安保法制がもし通れば、自衛隊がイスラム国に派遣される可能性は高いと私は見る。

 安倍首相は、イスラム掃討作戦に自衛隊は参加しないと言った。しかし、1月の中東歴訪で「イスラム国と戦う各国に支援を約束する」と演説した。(9月17日東京新聞。)

 TPPに関し、「ぶれない、断固反対TPP」と平然とポスターはって、多数を握ったら、TPP妥結に前のめりになっている自民党が信用できるはずはない。
 「安保法制は選挙の争点ではない」と自民党菅氏は言ったのに、ごりごり押しとおす自民党が信用できるはずはない。約束もしないでごりおしするのはおかしいだろ。嘘つき!

 なぜ、イスラム国のニュースが流れない?
 情報統制でないのか?

 今、イスラム国の情報を流すと、安保法制反対の声と連動して、国民に、アメリカと自民党のしたことの状況が一層わかってしまうから、ひた隠ししてるんじゃないのか?

 だれかイスラム国とアメリカの情報を知っている人がいたら、教えてください。

 もし安保法制が通ったら、イスラム国がどんなに残虐なのかを強調する情報がどんどん出てくるんじゃないか。

(イラクの地名がサマディは間違いでラマディなのがわかったので9月28日訂正しました)
[PR]
by isehyakusyou | 2015-09-17 09:58 | Comments(8)
Commented by taichit4 at 2015-09-19 18:58
以下、9月11日付産経ニュースです。
「岸田文雄外相は11日午前の閣議後の記者会見で、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」がボスニア、マレーシア、インドネシアにある日本の在外公館への攻撃を呼びかけたことに関し、各国にある全在外公館に対し警備強化を指示したことを明らかにした。

「警備が遺漏ないように3公館のみならず全在外公館に対して注意喚起、警備強化を指示した。警備、安全には万全を期していきたい」と述べた。

 イスラム国はインターネット上で発行する英字機関誌「ダービック」の最新号で、米国が主導する軍事作戦に参加する「連合国」の一員として日本を非難し、3公館への攻撃を呼びかけた。」

このニュースが最近では注目に値すると思います。
イスラム国に攻撃の口実を与えるような政府の言動は厳に慎むべきだと私は常々思っています。

産經新聞にはイスラム国関連の記事が頻繁に掲載されていますよ。どういう記事を扱うかは報道機関によってかなり違います。最近は国内の安保関連のニュースが多いので、朝日なんかは全力で国会関連のニュースを追っている感じですか。批判的視線で。
Commented by taichit4 at 2015-09-19 19:10
http://www.sankei.com/politics/news/150911/plt1509110028-n2.html

これも9月11日付ですが
総理が「法案成立後もISを攻撃する有志連合には加わらない。後方支援もしない」と明言している記事で、とても大切な記事だと思います。この点に関しては絶対にしてはならないこととして首相官邸にも意見具申したことなので、私としては満足しています。
細かいことを言うと、人道支援も偏ってはいけないというのが私見ですが。私見と言うか、池上彰さんをはじめ、複数の識者も同様のことをおっしゃっています。
Commented by 素人百姓 at 2015-09-20 13:51 x
書き込みありがとうございました。
残念なことに、ただ私が一番知りたい情報は書かれませんでした。イスラム国と米軍が地上戦をしているのか、バクダットはどうなったのか、などです。イスラム国と米軍の戦いの今の現実が知りたいのです。産経新聞に情報があるなら、インターネットアドレスや、記憶でもいいので教えてください。
Commented by taichit4 at 2015-09-20 21:27
産経ニュースのホームから、イスラム国で検索すると最新の記事が出てきますよ。ただ、イスラム国に関してはジャーナリスト不在の情報過疎ですから、正確な情報は得られないと思います。政府機関の発表かイスラム国からの発信しか情報源はない。現在進行形の軍事情報ですし、アメリカが劣勢であれば情報は極端に少なくなると思います。たぶん、思うような成果が上がっていないんだと思います。負けている、という発表はなかなかできませんからね。
Commented by taichit4 at 2015-09-20 22:04
これも産経ニュースからですが、「(オバマ)政権はシリアの反体制派を訓練し、イスラム国との地上戦に投入する計画」とあり、米軍が独自に地上兵力を投入する動きは見られません。これまでも地上ではイラクの政府軍にノウハウを教えたり武器を供与したりして戦わせています。自分たちは空爆や無人機での攻撃に終始して、血を流したくないようです。卑怯者なので。アフガニスタンでもそうでした。
イラク軍は脆弱で、アメリカに供与された武器を放棄して逃げて、イスラム国に奪われたりしています。たぶん勝てません。
Commented by 素人百姓 at 2015-09-21 11:24 x
情報ありがとうございました。
アメリカは地上戦に踏み込んでないのですね。
アメリカが自衛隊と共に地上戦に踏み込むつもか、どうか。
今年の始めのニュースでアメリカが5月ごろ地上戦に踏み込む予定と米軍関係者が言っていたと記憶していますが。
よく戦前の大本営発表が揶揄されますが、アメリカも似たようなものですね。
しかしイラクはアメリカにひどい目に合わされいるのに、アメリカのために戦うはずない。アメリカも何考えてるのか?。
Commented by taichit4 at 2015-09-22 14:41
訂正します。アメリカの地上部隊の活動はよく分かりません。たしかに5月ごろ(?)数千規模の地上部隊を派遣すると言っていましたよね。でも、その後の動向が伝わってこない。だからよく分からないというのが正直なところです。
現イラク政権はフセイン政権時代に虐げられてきたシーア派の人達ですから、フセイン政権の残党とスンニ派武装勢力の集合体であるイスラム国と戦う動機は十分にあります。べつにアメリカのために戦っているわけではありません。
Commented by 素人百姓 at 2015-09-22 21:01 x
私も5月ころに地上戦をやるというニュースを聞いた記憶があります。私の記事の原点に戻るとイスラム国とアメリカの地上戦の情報がないという私の指摘は、一応、その通りということですね。
私は、それを情報統制と見ます。
シーア派スンニ派については情報ありがとうございます。
<< 昨日の収穫・最近の種まき・彼岸花 秋野菜の種まき >>