「ほっ」と。キャンペーン

シリアで何が起きている?

 イスラム国の関係で考えると、シリアで何が起きているのか?と考えた。
 大量の難民が出ていることは、新聞でわかる。
 しかし、なぜ、シリアで大量の難民が出ているのか、理由がわからない。そのニュースは少ないように見える。

 多宗派が国内で反目し、圧政で、内乱が起きた、など調べると出てくるが、多宗派対立で圧政の国は多いだろう。なぜ、こんな難民の出る内戦が起きるのか?

 インターネットで調べると、シリアンガールという人の、「なぜ新世界秩序、シリアを嫌うのか」という動画を見つけた。
https://www.youtube.com/watch?v=Qhe-8TzDkok
 この記事は興味深い。
 
 しかし、この記事の信憑性はわからない。

 「シリアにロスチャイルド中央銀行がない。シリアにIMFに借金がない。シリアに遺伝子組み換え農業がない。シリアはシオニズムに反対している」などの話は興味深い。 
 
 この話が本当なら、シリアは、欧米の1%富裕層と戦う国ということになる。グローバリズム、新自由主義経済と戦う国ということになる。

 この話は、欧米の1%富裕層にとって都合の悪い話だ。だから、欧米から出た話ではあるまい。
 シリア政府側から出た話だろう。

 反グローバリズムの国シリアで、なぜ内戦なのか?

 今日9月28日の東京新聞には、「フランスがシリアのイスラム国を空爆する」というニュースがあった。「フランスはシリアのアサド政権が倒れてほしいから、今までイスラム国を叩くことはしなかった。イスラム国が、シリアのアサド政権を倒すのを期待して、イスラム国を叩かなった」とある。

 やはり、欧米の1%富裕層にとって、シリアのアサド政権は倒れてほしい政権なのだ。アサド政権は、反グローバリズムである証拠が高まった。

 赤旗には9月25日日曜版にダルウィッシュ・ホサムというアジア経済研究所の人の発言が出ている。
 これによると「2010年以降、アラブの春の民衆蜂起の波がシリアに及ぶと政府は残虐な手段で弾圧、紛争の死者24万人、大多数は政府の無差別空爆や樽爆弾の被害者」とある。
 アサド政権を非難している。
 「民衆は武装蜂起し、他国や地域大国の紛争介入につながりました。」とあるが、民衆蜂起に、利益もなく他国や地域大国が介入するはずはない。大体「他国」「地域大国」とはどの国なのか?
 多宗教、多民族を圧政で抑えている国は多いだろう。
 圧政に反抗する民衆もいるだろう。
 問題は、「他国や地域大国の紛争介入につながりました」というところ。
 反グローバリズムのアサド政権を倒すために欧米やイスラエルが反体制の民衆に武器供与をしたと読める。それで反政府派が強くなり、アサド政権と内戦に縺れ込んで、状況が悪化していったということではないのか?

 このホサム氏の属するアジア経済研究所は、日本の独立行政法人で、岸信介が作り、現在は自由貿易協定の研究をしている。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E7%B5%8C%E6%B8%88%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

 グローバリズムのシンクタンクだろう。多分1%富裕層の側だし、グローバリズム、新自由主義経済推進派だろう。シリアが反グローバリズムなら、そこメンバーはシリアについて、よくない情報を流すに違いない。

 とにかく、シリアが、これだけ難民出して、なぜ、シリアの理由をマスコミが書かないのか?

 これは何か怪しい。

 欧米にとって都合の悪い事実があるんじゃないか?アサド政権を正当に倒したければ、虐殺したとかアサド政権の悪口をもっとたくさん、書くんじゃないか?イラクのフセインの時のように、クルド人を虐殺したとか。
 そうではなくて、逆にアサドを倒すため、欧米が汚いことをしている可能性があるんじゃないか?それがあるから情報を流さないのではないか?

 こうしたことを書くのは、自衛隊がイスラム国と戦うのか、推測したいからだ。
 アサド政権を倒すため、欧米がイスラム国を利用したいなら、アメリカは暫くイスラム国と戦わないだろう。自衛隊は、イスラム国と戦わないだろうと思うからだ。
 
a0108371_19111684.jpg

[PR]
by isehyakusyou | 2015-09-28 10:26 | Comments(5)
Commented by taichit4 at 2015-09-29 23:16
まあ、私もそんなに詳しくはありませんが、「多宗教、多民族を圧政で抑えている国は多いだろう。圧政に反抗する民衆もいるだろう。」という部分ですが、アサド政権のやり方はものすごいものがあります。アサド政権に反抗的な住民の多い町を海から砲撃して町ごと墟にしてしまったり、いろいろ。自国の町に自国の軍隊が砲撃するんですよ。そりゃ出て行きたくなりますよ。
テレビで特集が組まれることも度々ありますし、現地レポートもあります。
アメリカはアサド政権を倒すために初期のイスラム国には武器などの支援を行っていました。しかし都合がわるくなり、同じ反体制派の違う組織に支援を拡充して、反体制派同士も争わせるようになったのです。各派入り乱れての戦乱で、そりゃ出て行きたくもなるわな。
また、なんでもグローバリズム、反グローバリズムで片付けるのはどうかと。
自衛隊がこの紛争に加わるとすれば後方支援しかありませんが、政府はやらないと言っているし、もしやると言いだしたら、私は黙っていません。私は復興支援特別措置法のとき、2007年から異論を唱えて、世論、官邸に働きかけています。
Commented by taichit4 at 2015-09-29 23:20
アサド政権の使った毒ガスとか、廃墟と化した町の様子などテレビで何度も取り上げられていますよ。あまりうがちすぎると見失うものもあります。
Commented by isehyakusyou at 2015-10-02 09:20
情報ありがとうございました。
いろいろテレビで情報が出ているのですね。
ただ、シリアで起きていることの核の部分が私にはわかりません。
一番わからないことは、欧米がなぜ、アサド政権をそんなに倒したいと思っているのか?ということです。国連でのニュースを読んでも、アメリカとヨーロッパ諸国はアサド政権を倒したがっていると書いてある。どうしてなんでしょう?
アサド政権が残酷だからという理由では納得できません。
アメリカが自分の利害があるから、アサド政権を倒したいと思っているに違いありません。
私の仮説ではそれは、アサド政権が反グローバリズムだからという仮説です。
グローバリズム=多国籍企業=1%の富裕層は、その財力で、回転ドア人事などで、アメリカの財界、政界、マスコミを支配しています。いわば、アメリカ政府の中心部なのです。アメリカ政府の中心部に反対する政権をアメリカが攻撃したがるのは十分可能性はあると考えます。
もう一つの疑問は、アサド政権がなぜ、そうした、残酷なことをするまで追い詰められたのか?ということです。独裁者だって、自国民を大量虐殺をするのはそれなりの理由があるはずです。
それの理由はそちらのお話のようにアメリカが反体制派に武器供与したからなのでしょうか?
そうするとアメリカがアサド政権を潰すため、武器供与して、代理戦争を進めているため、その激化のためアサド政権が自国民虐殺という暴挙に出たということでしょうか?
Commented by taichit4 at 2015-10-02 23:01
アサド政権の暴虐は他国の介入以前の事実です。代理戦争になっているのは現在の事象です。

Commented by taichit4 at 2015-10-04 19:42
ちなみにロシアが参戦しました。アサド政権側です。ISはシリアでは欧米その他の周辺国、反体制派の他派、そしてロシアの攻撃にも曝されて袋だたきです。ヨーロッパからISに合流した便乗兵士が過酷な状況に耐えられるか不明です。脱走、本国への帰還という情報もあります。ISはシリアでは殲滅される可能性が高くなったかも知れません。
イラクではイランが次第に介入の度合いを強めているようです。
<< のらぼうな 昨日の収穫・最近の種まき・彼岸花 >>