自民党改憲案批判5・多様性を認める日本であってほしい

 選挙が始まった。今回の選挙は、大きな意味を持つ。
 野党が批判するように、改憲が問われているからだ。
 
 安倍首相は、街頭演説で改憲について口にしないと共産党の人がいっていた。
 しかし、東京新聞によれば、インターネットの党首討論で「次の国会から改憲議論を進めたい」と発言した。大っぴらに言わないが、参議院の三分の二の議席をとって改憲したいのだ。

 あまり安倍首相が改憲を口にしないのは、 「憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。」という麻生副総理の発言を思い出させる。

 私は、自民党改憲草案が日本の憲法になってほしくない。

 なぜなら、あの憲法草案は多様性を認めないからだ。

 前文で伝統や国家について論じるが、そうした国家観や伝統観は、日本人全員が共有しているわけではない。

 私は、国家神道を否定しないし、その歴史的意味も否定しない。国家神道で命をかけた人々には敬意も持つ。また、自国を守るための戦いも場合により状況によりあり得ると思っている。

 しかし、日本人はすべて国家神道に心酔しているわけではない。

 日本人は一民族一国家といわれることがある。

 それは間違いだ。

 アイヌの人や沖縄の人がいる。在日韓国、在日朝鮮の人もいる。
 他民族、いろいろな文化や宗教や伝統が混在しているのが日本だ。

 宗教だって、神道、仏教の他に、キリスト教の人もいる。その他、神道系、仏教系のいろいろな宗教がある。イスラムの人もいるかもしれない。
 神道だって、天皇を頂点したものだけではない。山岳神道、修験道、などは天皇系の神道とはもともと別の流れだ。
 仏教だって多宗派ある。
 日蓮の流れみたいに排他的な宗派もある。
 北陸の人々は浄土真宗を熱心に信仰している。

 こうした多種多様な人々を、まとめるのも、憲法の役割の一つだ。

 政教分離とはそういう意味だ。
 
 宗教や伝統や血筋が違っても、日本人として受け入れるための政治的器として憲法はあるべきなのだ。

 多様性を認めない憲法は、憲法ではない。それは宗教文書や思想文書だ。
 憲法は宗教文書・思想文書であってはならない。

 それから、多様性を認めるから、言論の自由は認められる。つまり、ある教団が、他宗教への痛烈な批判をすることは、許される。言論の上ならば。
 天皇制の日本であっても、天皇批判の思想の存在は許される。言論の上ならば。
 これを暴力に訴えてはならない。
 しかし、言論・思想は許されるのだ。「あなたの意見には同意しない。しかし、あなたの言論を表現する自由は必ず守る」。こうした考えが近代人の在り方であり、それを認めていくのが憲法だ。

 それを認めようとしない自民党改憲草案に私は断固反対する。
[PR]
by isehyakusyou | 2016-06-23 10:18 | Comments(18)
Commented by taichit4 at 2016-06-25 02:02
自民党の改憲草案には私も反対です。全面改訂に否定的です。でも、改正自体は必要と考えます。一部分ずつ検討し、国民の信託を得て改正すべきです。
言論の自由は大切です。でも改正論者を恣意的に悪者に仕立て上げているマスコミや、悪者のレッテルを貼っている野党にも職業意識の低さを感じてなりません。下衆の極み。
Commented by taichit4 at 2016-06-25 11:28
ちなみに、報道ステーションなどメジャーな報道番組では、安保法制に反対する意見を紹介する報道が、賛成する意見を紹介する報道よりも極端に時間が長いということが分っています。これは調査による事実です。公平さを欠いているといえるでしょう。
Commented by isehyakusyou at 2016-06-25 11:51
憲法全面改定について否定的とのことで、意見が久しぶりにあってよかったです。
野党については民進党が9条以外について曖昧な態度で、緊急事態条項や言論の自由についての態度がわからず、疑問をもっています。
Commented by taichit4 at 2016-06-26 13:30
憲法改正の議論はあってしかるべきです。法治国家のあり方なのでは。自民党も自らの憲法草案で押し通すとは言っていませんよ。野田前首相の言っている「限定的自衛権の行使容認」という憲法改正もありだと、日曜討論の中で発言しています。憲法改正の議論そのものを潰そうとする野党の姿勢には辟易します。別に与党を擁護しているわけではありませんよ。ただ、憲法改正の議論自体を封殺しようとするのは外道です。
Commented by isehyakusyou at 2016-06-27 15:15
改憲の議論はもちろんあっていいですよ。
ただ自民党は改憲の一番の個所を緊急事態条項においているだろうと思います。日本会議の研究を読んでも、緊急事態条項を盛り込むことを最優先に書いてある。
これを載せられたら、災害やテロが発生した際、混乱状態の中で、首相が好き放題、法律(政令)を作れる。
国民の権利を制限して全体主義的国家を作り、権力者に都合のいい日本を作る。
これはアメリカが911テロの後にやったことです。
日本でもアメリカと同じことをするシナリオがあるのではないかと疑っています。
貴兄は現政権にかなり信頼感があるのでしょうから、こうした推測は受け入れがたいかもしれません。
貴兄は、かなり現政権に信頼を置いているのでしょうが、私は不信感があります。
Commented by taichit4 at 2016-06-30 20:14
首相が好き放題の法律を作って得るものって何でしょうね。そしてそんなことが永続するような未成熟な社会なんですかね、日本が。はなはだ疑問です。

詳細は省略しますが、現行の法律では緊急事態に対処することができないことが多い。緊急事態条項があったほうが、ないよりも国民のメリットは多い、と私は考えます。
Commented by taichit4 at 2016-07-01 02:16
先の投稿を見ると緊急事態は「国会の承認を得て」継続できるとあります。首相の一存でいくらでも延長できるというのは明らかに誤りでは。
Commented by isehyakusyou at 2016-07-02 06:45
説明不足でした。
緊急事態条項を首相が適応するのは、首相にとって都合のいい与党が過半数を持っている時期にすると思っています。
例えば現在のように。
そうすれば、過半数状態を選挙なしで継続できますから。
その時期に災害やテロなどが起きるのを狙っているのでしょう。
Commented by isehyakusyou at 2016-07-02 06:52
「野蛮」について。
ほとんどの憲法学者が違憲だと言った「国際平和支援法」を憲法を無視して、強引に自民党が通したのは野蛮ではないのですか?
また、「国際平和支援法」で得るものは、何なんですか?

緊急事態条項の必要性について。
弁護士さんによれば、東日本大震災後、できた法律はたった3つ。選挙の延期法、復興支援のための国会議員の歳費の減額の法律、被災者への税金特例の法律のみ。
たったこれだけのものなので、しかも、緊急事態に対応する法律は完備されているので、緊急事態条項は必要ないと弁護士さんは言っていました。
Commented by taichit4 at 2016-07-02 21:03
国民が公正な選挙で選んだ多数の議員が賛同して法案が成立するのはルール通り、どこが「野蛮」なのですか。まったくわかりません。

「国際平和支援法」のメリットは少ない。と私は考えますが、メリットとしては実戦経験を積むことができることと、有事の連携を他国と実際に行うことによって、我国の有事に備えることができるということでしょうね。それだけでも抑止力になりますから。

緊急事態に対処する法律は完備されていると言うのは言い過ぎでしょう。東日本大震災のときに、女川町は「憲法が保障する個人の財産権のために、災害対応の初動が遅れた」とアンケートに答える形で述べています。最近の日本では経験がありませんが、例えば他国の武力侵攻が予想される時に、陣地を作る土地とか、誰のものか分からない車が置いてあったりしたら困りますよね。現行の法制度の中では緊急事態に対応できないことが山ほどありますよ。結局、国民の生命財産を守るために、現場では超法規的措置を実行するしかなくなるでしょうね。現行法の改定が憲法違反になるからできないということであれば、予め憲法に緊急事態条項を盛り込んでおくことのほうが立憲主義と言えるのではありませんか。


Commented by isehyakusyou at 2016-07-05 15:28
ほとんどの学者が違憲だといった法案が国会で通ったから野蛮というのです。国会議員には、憲法99条で憲法擁護義務があります。「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」こうした義務を無視したので野蛮というのです。私は国際平和保護法安保法案は、違憲だと思っています。合憲ですか?貴兄は、かつて、この国際平和支援法について「アウトでしょう。」と発言しましたが、また、意見変更ですか?
また、緊急事態については、「権限を首相に集中することは、緊急な危険の対応には不適切、現場に下す方が、現状に即している」と弁護士さんが話していました。私も同意見です。
Commented by isehyakusyou at 2016-07-05 16:05
ほとんどの学者が違憲だといった法案が国会で通ったから野蛮というのです。国会議員には、憲法99条で憲法擁護義務があります。「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」こうした義務を無視したので野蛮というのです。私は国際平和保護法安保法案は、違憲だと思っています。合憲ですか?貴兄は、かつて、この国際平和支援法について「アウトでしょう。」と発言しましたが?
国際平和支援法では、アメリカの侵略戦争に協力して、テロの標的になるというマイナスが大きすぎると思います。
また、緊急事態については、「権限を首相に集中することは、緊急な危険の対応には不適切、現場に下す方が、現状に即している」と弁護士さんが話していました。私も同意見です。
Commented by taichit4 at 2016-07-06 23:36
ん?誰も国際平和支援法が合憲だなんて言っていませんよ。メリットは少ないと考えると何度も言っているし、私の意見は変わっていませんよ。ただ、メリットは何かと聞かれたからメリットを述べただけです。メリットを述べることと全面的に賛同することとは違うのでは。何でも白か黒かだけではないのでは。そもそも、違憲合憲で言えば、自衛隊そのものが違憲でしょう。学者じゃなくても普通に考えて違憲でしょう。だって、戦力でしょう。

実務にあたって、現場に判断を押し付けるのは卑怯でしょう。対処が必要な事態が目の前にあるのに、判断や責任を現場に押し付けるのは卑怯でしょう。現場が心おきなく動けるように法的な根拠を整える必要があると思いますよ、私は。現状、誤って海外で無実の市民を自衛隊員が殺害してしまったら、現地の法律で裁かれるわけですよね。殺人容疑です。自衛隊は軍ではないので、捕まれば犯人扱いで、捕虜としての扱いを受けることができません。軍法会議で裁かれることもできません。命がけの仕事をして、運が悪ければ殺人犯ですよ。なんかおかしいと思いませんか。私はおかしいと思います。
Commented by taichit4 at 2016-07-08 21:46
今回、私の意見に変わりはありませんが、情報の精度を高め、不断に自らの判断を検証していれば、意見が変わることはあるのではありませんか。意見が変わることを蔑視しているようですが、誰かの意見を鵜呑みにしてそれ以上の思考を一切停止してしまったりするよりも、マシだと思います。
「誤ちて改めざるを誤ちと言う」
Commented by isehyakusyou at 2016-07-10 07:23
国際平和支援法が違法と考えていながら、メリットを考察した件についてはわかりました。
国際平和支援法を違法と考えるなら、違憲な法律を一部の国民や野党や法律の専門家の反対の中、成立させた自民党の行為を野蛮と呼ぶことは、やぶさかでないですよね。
Commented by taichit4 at 2016-07-18 14:32
違憲でも必要なものは整備する。自衛隊の存在は明らかに違憲。でも必要だから保持する。そういう日本ですから、正式な手続きを踏んで法案を成立させることは少しも野蛮とは思いません。選挙で選任された代議士の多数の賛同を以て法案を成立させる。どこが野蛮なのですか。それを野蛮と言うならば民主主義の否定ですね。
Commented by isehyakusyou at 2016-07-19 08:13
国の最高法規である憲法を無視していいなら、法秩序は成り立ちません。そうしたことが現実にあることは認めて、そこからスタートしなければなりません。しかし、それを言論の上で肯定するなら、私とは意見が違いすぎて、対話が成り立たないと思います。
Commented by taichit4 at 2016-07-21 00:55
表現が拙かったかもしれませんが、私は現実と憲法のねじれを肯定していません。正すべきだと考えています。選挙で選任された代議士の多数の賛同を以て法案を成立させることを非とするならばそれは議会制民主主義を否定することになると思います。べつに議会制民主主義が良いと言っているわけではありませんが。
<< 自民党、長勢甚遠氏の発言。「国... 自民党改憲草案批判4・緊急事態条項 >>