自民党、長勢甚遠氏の発言。「国民主権、基本的人権、平和主義の三つを無くさないと自主憲法にならない」

 知人からYOUTUBEで、自民党の偉い人たち(安倍首相も同席)の動画を見た。
 自民党の元法務大臣・長勢甚遠氏はこう発言した。

「国民主権、基本的人権、平和主義の三つを無くさないと自主憲法にならない。人権、平和などと言うと怖気づいてしまう。」と発言。

 驚愕した。

 自民党の中枢部には、国民主権や基本的人権という国の基本ルールや人間の尊厳にかかわる重大事を公然と否定する人がいて、同席した自民党の中枢部の人たちは、みんな何とも言わないんだ。安倍首相も同席している。
 信じられない。

 改憲草案では、確かに、基本的人権は、「公益や公」により制限される。つまり、基本的人権より、「公益や公」の方が上なのだ。自民党改憲草案Q&Aでも、天賦人権説は否定していた。「現行憲法の規定の中には、西欧の天賦人権説に基づいて規定されていると思われるものが散見されることから、こうした規定は改める必要があると考えました。」

 自民党・片山さつき氏は、「天賦人権説をとるのを止めようというのが私たちの基本的考え方です。」と発言。

 今の自民党の中枢の人にとって、「天から、人間には、最低限の文化的生活をする権利が与えられている」という考えは否定されるのだ。自民党は、人間には人間の尊厳があるということを否定するのだ。

 どう考えてもおかしいだろう。
 全く納得できない。

 しかも選挙で自民党は、改憲についても人権についても言わない。

 はっきり言えよ。「今回の選挙で三分の2の改憲派の議席を取ったら、天賦人権説を否定し、公益と公の秩序のために人権を制限する憲法に変えます。人権を制限する憲法のために一票投じてください」と。

 卑怯だ。卑怯者だ。改憲を選挙で言わず、選挙で勝ったら改憲。
 ナチのように静かに改憲(麻生副総理発言)。

 黙って国民を騙そうとしている。

 それで三分の2取ったら「国民の信任を取ったから改憲議論を始めます。国会で承認させます。」と言って実行するんだろう。

 卑怯だ。
 国民をだましている。

 TPPの時も断固反対と言って騙した。

 第二東名の時も「無駄な道路は作らせません」と言って騙した。


 タカ派である大阪維新の会、橋本徹氏でさえ、「自民党改憲草案は悪夢だ」と言った。
「憲法改正は絶対に必要だが、あの悪夢のような古臭い自民党憲法改正案や産経新聞案は絶対にダメだ。」

 私は改憲に反対ではない。日本に自衛権があることははっきり認めるべきと思う。
 しかし、アメリカの侵略戦争の手先になって、テロの対象になるのは、まっぴらだ。
 
 それよりも、何よりも、人権とか、国民主権とかは普通に大切だと思っている。あたりまえのことじゃないか。
 権力者の奴隷になりたくない。格差社会によって、搾取されたくない。一個の人間として、自分で選択した自由な人生を生きたい。
 あたりまえじゃないか。
[PR]
by isehyakusyou | 2016-07-05 15:53 | Comments(13)
Commented by taichit4 at 2016-07-09 16:05
1点だけ、TPPに関して、自民党はコメなど重要5品目が例外なく関税撤廃の対象となるならば、TPPに反対すると言っていました。大筋合意ではコメなどの重要5品目が関税撤廃の対象にならなかったので、約束は守られたことになります。別にだましたわけではないと思います。ただ、ポスターにただ「TPP断固反対」と書いてあれば、無条件でTPPに反対しているように見えますわな。でも、事実としては、条件付きの反対でしたから、条件が満たされた上で合意したのは約束破りではないと思います。
Commented by isehyakusyou at 2016-07-09 22:34
TPPについては30年で関税がなくなると聞いています。
まあ、今回はそれは議論する気はありません。
が、すごいコメントですね。ある意味感動した。
自民党が天賦人権説を否定し、自民党の主要メンバーが国民主権や基本的人権を否定する発言をしたのに、コメントがそれですか?
どれだけ自民党の応援をしたいのでしょうか?
ご自分やご家族が基本的人権を奪われる危惧は感じないんですか?
Commented by taichit4 at 2016-07-11 21:57
あまりにTPPで嘘をついたとしつこいので、コメントしただけです。それはそれ、これはこれでしょう。
それよりも不思議なのは関税が30年でなくなるとか、事実関係があいまいなところです。議論の元になる事実があいまいでは議論になりませんね。
基本的人権を奪われる危険なんて感じません。代議士がそんな発議をするとは思えないし、もしそういうことがあっても最終的には国民投票で否定すればいいだけですから。
事実を述べているだけなのに自民党を応援していると決めつけるのは乱暴かつ偏狭です。
Commented by taichit4 at 2016-07-11 22:00
自民党が基本的人権を否定しているという事実を私は知らないので、コメントしないだけです。間接的な情報を元に勝手なことは言えないので。
Commented by taichit4 at 2016-07-11 22:11
「交渉の結果、農産物の重要5項目では、594品目のうち71%に当たる424品目は、関税撤廃の例外となりました。」とNHKの報道にありますが、何かの間違いですか。こういう事実の確認は議論のテーマではありませんよね。単なる知識ですよね。教えて下さい。
Commented by taichit4 at 2016-07-11 22:21
「環太平洋連携協定(TPP)で政府が関税を撤廃する品目の全容が十九日、判明した。日本が保護を求めていたコメや牛・豚肉など農業重要五項目の五百八十六品目のうち、関税を撤廃する品目が約三割の百七十四品目に上る。牛肉の牛タンや、乳製品のフローズンヨーグルト、一部のピラフ、朝食用シリアルなどが含まれる。日本の農林水産物では二千三百二十八品目のうち81%の関税を撤廃し、19%に当たる四百四十三品目を残すだけになる。」これは東京新聞の報道です。視点が逆転していますが、重要5品目の7割が関税撤廃の例外になるということではNHKの報道と一致しています。何かの間違いですか。
Commented by isehyakusyou at 2016-07-11 23:34
今回は自民党の天賦人権説否定の話なので、TPPの話はしないと言いましたよね。
その質問に現在答える時間はありません。
そうやって私のブログの重箱の隅をつついて、私の発言を弱めるのが自民党支持者のやり方ですか?
今回は自民党が天賦人権説を否定した話なんだから、その話なら乗ります。
これは大問題と思うから書いたのに、それへの反応がなくて、細部の話を延々とされるには、私に趣旨が伝わってないので、またもや不毛感です。
自民党が天賦人権説を否定したのは、自民党改憲草案Q&Aにはっきり出ているんだから、早く調べたらいかがですか?
http://constitution.jimin.jp/faq/
13ページです。
これは大問題ではないですか?
何で自民党に都合の悪い情報には触れようとしないんですか?
それが自民党支持者のやり方ですか?
Commented by isehyakusyou at 2016-07-12 12:04
TPPについての自民党の意見について一言だけ書く気になりました。
「TPP断固反対」というポスターを自民党は、張り出していたんだから、陰で何て言った手も、あとで言い訳したって、一般人が「自民党はTPPに断固反対なんだ。」と思うののはあたりまえですよ。
「TPP断固反対」は、「条件付き賛成」ではないのです。
あたりまえのことです。
「TPP断固反対」と言いながら「実はTPP条件付き賛成でした」と言うなら、それは二枚舌ということで、嘘つきということです。現に東北の人々は怒って、農協は、今回の選挙で自民党支持を進めず、自民党は東北6県中、5県で負けました。
Commented by isehyakusyou at 2016-07-12 12:11
私がそちらに失礼なことも含めていろいろ書いたのは、私が「自民党が天賦人権を否定している」という情報を伝えたかったのに、それを全く見ようともしてくれないことです。
今回は私はそれを伝えたかった。
だって大変なことではないですか。
政権与党が天賦人権説を否定するなんて、民主主義国家の根本にかかわる重大事です。
それを「知らなかった」ですませて素通りしてしまうところに、私はカチンときたり、脱力したりしているのです。
それを以前、不毛感と呼びました。
対話になっていない。
知らない人にこそ、知らないから、伝えたいし、知ってほしいのです。
そうした私の努力への理解が貴兄のコメントには全然感じられない。
そうした対話をしようとしない人とは対話が成り立たないなと思います。
不愉快な言い方をしたこともあって、それは私も感情的になってしまい、それはお許しください。
しかし対話の成り立たない人とは対話ができないと思います。
Commented by taichit4 at 2016-07-16 19:48
TPPについては触れないとのことなのでもう触れませんが、
触れないのではなくて「知らない」のだなあと思いました。関税が撤廃されるのかされないのか、貿易交渉の心臓部でしょう。それを重箱の隅というのは間違いだと思います。

ところで「天賦人権説」についてですが、天賦という発想はイギリスやフランスの思想だそうですね。「天賦」にこだわる必要はないんじゃないすか。
Q&Aも見ましたけれど、人権を尊重することには変わりがないように私には読めますけれども、何か問題がありますか。自民党支持者とかいうレッテル貼りは下衆ですよ。
まあ、西洋発だろうとなんだろうと、とりあえず馴染んでいる憲法のこんなところまでいじって話をややこしくする必要はないと私は思っています。9条を改正して交戦権を認めることが大切だと思っています。
Commented by taichit4 at 2016-07-17 01:23
「何で自民党に都合の悪い情報には触れようとしないんですか?
それが自民党支持者のやり方ですか?」

その情報が正しいか分からないからです。I氏がいくら都合の悪い情報と言っても、私が同じ情報に触れて「都合が悪い」と思うかは別だからです。I氏が「都合が悪い」と受け取っている情報が実はそうでもないのに、「都合が悪い」と言って私が横流ししたら、それはデマになってしまします。私はデマを憎みます。

いつも関心のベクトルがI氏と同じわけではありませんから、いつも私とI氏が同じ情報源に触れているとは限りませんし、触れていても思う所は違うかもしれません。自民党の憲法草案は通読しましたが、ご指摘の部分は特に違和感を感じませんでした。だから、何を言っているのだろうと分からなかったので、知らないと言ったのです。あとでQ&Aを見て、ああ、この部分かと思い出したような感じなのですが、触れていないこと、触れたとは言えない部分を知らないと言うのをなじるのは非礼だと思います。

自民党の政策の中に一部でもメリットを見つける者 
= 自民党支持者
= 悪者

単純で、とても下品で、反知性的な発想だと思います。
私は与党関連では
●イラクの復興支援特別措置法
●アフガニスタンのテロ対策特別措置法
それに続く「国際平和支援法」を一貫して批判しています。
また、イスラム過激派対応について,批判してます。
原発の再稼働に反対しています。
菅官房長官の危機管理対応について批判しています。
その他いろいろあります。

なんでもかんでも自民党を賛美するようなことはしておりません。
Commented by isehyakusyou at 2016-07-21 10:32
自民党に関しては、秘密保護法、原発再稼働、消費税増税・法人勢減税、憲法無視の安保法案通過、TPP推進、選挙公約違反・無視など種々の政策がおかしいと思っているから批判しているだけです。私は、あなたが私の書いた中心部(今回は自民党の人権制限)に触れようとしないで、隅を論議して批判してくるから感情的になってしまうだけです。そうやって私のレッテル張りをするほうが、おかしいと思います。
私は、今まで何回も、自民党改憲草案の問題点を指摘してきました。
私は、当たり前のこととして、基本的人権、国民主権を大切に思います。また3人の弁護士さんという専門家から、人権を制限する自民党改憲案の問題点を聞いています。それは大きな問題だと感じているから、何回も書きましたが、私の伝えたいところは全く伝わっていないのだなと思います。
人権に対する根本的感性が違うのでしょう。
根本的感性が違う人と細部の議論をしてもその溝は埋まらないことは、今までのやりとりでわかりました。
そのことを不毛に思います。ですから、私は、今後、基本的に返答はしません。
TPPに関しては、もう一度言いますが、「TPP断固反対」と自民党は意思表示したのです。それが推進になることはどう考えてもおかしいです。いくら他の場面で何を言っても、それは二枚舌ということです。
秘密保護法の時も、安保法制の際も、改憲の際も、選挙の時は、自民党が、政策を進めることを言わず、勝ったら、国民から承認を得たといっているのは、卑怯だと思います。人のあまり見ていない場面で実は言っていた、書いてあったといっても、不誠実としか思えません。
とにかく、当分、基本的に返事はしません。
Commented by taichit4 at 2016-07-30 00:08
I氏が自民党を批判することは自由です。私は是々非々で、自民党の政策にもメリットデメリットがあると私見を申しあげているのに、「自民党支持者」というレッテルを貼って二元論化するのが悪質で許せないのです。
I氏のご指摘を受けて修正し、人権に関わる話題に触れましたが、それはスルーでした。スルーしながら、Tが「人権に触れない」と批判するのは不思議です。
人権に関する感性に違いを感じたら、どんな違いなのか議論の中で明らかになる、かもしれない。違うから止める、それは最初から対話の胸襟を開いていないということです。
自民党のTPP二枚舌というのは結果的にそうですね。
ただ、憲法はどうでしょう。野党の候補は憲法に言及していましたね。与党はほとんど触れていなかったと思います。しかし有権者の意識としてはどうでしょう。与党が3分の2を超えれば改憲の発議が可能になるというのはマスコミを通じて有権者に強力に発信されていて、参議院選の大きな争点になっていました。有権者の判断の材料に憲法改正の発議が含まれていたことは間違いありません。その結果が今回の選挙の結果です。
1日に3本くらいの報道番組を視聴し、5紙くらいの新聞(だいたいWEB媒体)を読んでいて、そのように感じます。
<< やっぱり安倍首相は勝ったとたん... 自民党改憲案批判5・多様性を認... >>