「ほっ」と。キャンペーン

攻めの農業? ふざけるな!

今年も終わり。
みなさん一年間お疲れ様です。
よいお年を。

今年も結構TPPに時間を費やした。
デモに行ったり。関係本を読んだり。学習会に参加したり。
訴訟傍聴したり。

最後にこの前、思いついたことを書きます。

安倍首相はTPPに関連して日本の農業は攻めの農業になれとか言ったとか聞く。

ふざけるなと思う。

攻めの農業とは輸出して金を儲けられる農業のことなんだろう。

農業は、本来、商品とか経済に向かないものなのだ。

農作物は、商品ではない。命の糧なのだ。

命の糧で金儲けしてはいけない。

金儲けになると、金が優先で、命は二の次になる。

私が自称、素人百姓なのは、農は金儲けにできないし、なってはいけないという思いが込められている。

大体、自給率を下げて自国の食料が減って、外国向けの高価な農産物作ってどうするつもりだ。

高級果物でも主食にしろとでもいうのか?

農産物は、命の糧で商品でない。
イギリスでもフランスでもみんな政府はそう考えて、補助を80%、90%出して農家を支えている。欧米では農家はほとんど公務員だ。

本来、日本でも食物自給率を守るため、農家にお金を出して支えるべきなのだ。農家を市場経済に差し出すなんてしてはいけないのだ。

「甘えてる?ふざけるな。以前、銀行がバブルで倒産しそうになったとき、さんざん助けたよな。それは甘えてないのか?無駄な道路に何兆円もかけたのは甘えてないのか?ウイドウメーカーのオスプレイに多額のお金を出しているのはどうだ?弱い奴には甘えてるとか強気で、強い奴が甘えても支援するのか?それが日本政府だよな。ましてや食は命の糧だぞ。我々の命の糧を守れ!」

日本政府は、アメリカ政府の食料支配政策に従って、日本の国民の自給率を下げて、アメリカの食料支配に屈してきて、これからも屈するつもりなのだ。アメリカは一貫して「食料は支配のために武器だ」と考えて日本に圧力をかけ続けてきた。

食料がなければ生きていけない。
そのために自国の食物自給率を守らねばならない。
そんな当たり前なことに多くの国民は考えがいかない。

平和ぼけ。
飽食ボケ。

それで大量の食物を残し、廃棄している。

こんな国民は、政府ともども、遺伝子組換え食品に支配されちまうんじゃないかと憂う。

そんな思いでTPPに反対してきた。

友達が「TPPなくなりそうでよかったね」と私に話しかけてきた。
まあ、いろいろ言いたいことはある。まず「まるでTPPは人ごとにようだね」と思った。

来年もよろしくお願いします。

a0108371_12575313.jpg

[PR]
by isehyakusyou | 2016-12-31 12:58 | Comments(1)
Commented by taichit4 at 2017-01-24 23:15
私のことですかね。まず「なくなりそうでよかったね」は、必ずしも他人事を表す日本語ではないと思います。発言した人もよかったと思っていることを表す場合もあります。私であれば、工業の行く末もあるので、半分、これでいいのかなあという疑問もあるので微妙なトーンになったのかもしれません。

次に、TPPだけが国政の課題ではないと思います。憂国の士はそれぞれにカバーできる範囲に集中して戦っていると思います。自分だけが憂国の士みたいに思うのは間違いではないかと思います。優先順位については異見もあるだろうし、守備できない範囲まで守備しようとして成果を得ないよりは、守備できる範囲に限定しても成果を得るほうが戦いの本質だと思います。
<< 新年 大豆全滅 >>