大変だ。国会で改憲(緊急事態条項)の論議をしている。森友問題は煙幕か。

 森友問題の国会中継をみようと夜、「衆議院インターネット審議中継」を見てみたら、大変だ。
 憲法審査会というところで、緊急事態条項の是非について論議をしていた!!!
 「衆議院インターネット審議中継」3月23日憲法審査会
 http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&u_day=20170323

 緊急事態条項というのは、自民党改憲草案にある、緊急事態と政府が決めたら、国民の権利の制限、選挙の停止、首相単独での政令(法律)制定や予算執行の権利、緊急事態の無期限延長などができる条例です。

 「憲法改正の真実」(小林節、樋口陽一、共著)でも緊急事態条項は、改憲の本丸だと言われています。

 この緊急事態条項ができて、緊急事態が宣言されれば、ほとんど独裁制が成立して、それがいくらでも延長できると「憲法改正の真実」にも書かれており、民主主義を終焉させかねない条項です。
 本当に恐ろしい条項です。

 それを国会の中で審議しているのです。

 着々と改憲に向けて動いているのです。

 マスコミはどんな報道をしているでしょうか。東京新聞では一面半分でした。朝日は4面半分です。森友より大きく取り上げられるべき話(国民の生活全般への影響が大きいため)と思います。

 森友問題は煙幕のようです。
[PR]
by isehyakusyou | 2017-03-24 09:34 | Comments(0)
<< 主要農産物種子法の廃止が進んで... イスラエル >>