アメリカ式農業

 先日、バングラディシュの人と話をしていたら、「何で日本は、アメリカに600億円もの石油をただでやるんだ。世界中が怒っている。日本人はなぜ、怒らない?日本と同じ第二次世界大戦で負けたドイツでも、そんなことしたら、みんな怒って大騒ぎになるぞ。」と話していた。
 私は、「給油問題とは、そういうことか」内心思って「日本は史上始めて外国に戦争に負けて内地がやられ、それがトラウマになっている」と答えた。その人は、「アメリカ人は本当に傲慢だ。」と付け加えた。
 
 農業の本で読むと、こんなことが書いてある。
 戦前までの日本の農業は、作物の余りを牛などの動物が食べ、牛の糞が肥料になり、肥料で作物が大きくなり、茎などの余りをまた牛が食べる形の循環農業だった。しかし、アメリカの農業は、略奪式農業で、土地にヘリコプターで大量に種を蒔き、農薬をまき、とうもろこしなどを育てると、一回で土壌がだめになるので、次は別の場所でまた育てる。一回ごとに土地の肥料を奪って再生させない形で行う。自然から富を略奪して再生させようとはしない。だからアメリカ式農業が栄えると自然は破壊される。

 アメリカの白人はアフリカから黒人を無理やり連れてきて奴隷にして、先住民から土地を奪って国を建国した。はじめから略奪して国を作り、自然から富を略奪して生活している。
 
 日本人は、循環式農業を行ってきた。日本人にはアニミズム的な自然観、宗教観があり、自然を尊び、木を切っても植えて、育ててきた。江戸時代のごみ収集もかなり循環式で行われていたという話を聞いたことがある。

 でも、今や、日本の農業は、後継者が不足している。このままでは2000年の歴史を持つ日本の農業が衰弱してしまう。日本人のほとんどがアメリカから略奪式農業で生産された小麦や大豆を大量に食べざるを得ない。アメリカ式生活を賛美して、マクドナルドなどのファストフードで食べ物や紙を無駄にしている。
 
 何の自覚もなく、アメリカの真似をしていいのか。アメリカなんて建国200年程度の底の浅い略奪文化中心の国ではないのか。
 鍬を持ちながら、そんなことを考えることもある。
[PR]
by isehyakusyou | 2007-11-11 19:10 | Comments(1)
Commented at 2015-01-07 12:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 11月17日記録 11月4日記録 >>