「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ジャガイモの植え付け

 2月23日、24日、ジャガイモの植え付けを2畝しました。地主さんが、それを見て「ちょっと早いんぢゃないの。」とおっしゃった。
 「去年もこの時期にも一部やったのです。」と言ったら、「今年は寒いからね。」とおっしゃった。
 「そうか!」と私は、内心思いました。「去年と同じ、ではなくて、今年の気候を、見なければならないんだ。去年より雪の多い寒さの強い今年の冬の気候、を見て判断すべきなんだ。甘い!甘いぞ!素人百姓!そんなことで、どうする。百姓は毎年1年生と言われている。それは、毎年、毎年の雨、風、寒暖、土が違うからだ。それを見抜けぬ、お前は阿呆だ。大地に入れた種芋に、ごめんなさいと謝れ!」と内心思いました。
 
 でも、「マルチ(黒いビニール)で覆っているから何とかなると思うのですが。」と私が弁解がましく言うと、地主さんは、「芽が出て、ビニールを切った後で、遅霜にやられなければ、いいけどね。」とおっしゃった。

 ジャガイモの芽の天敵は霜なのです。霜にやられるとせっかく生えた芽が全部やられてしまう。だからジャガイモの芽が出たら、その後は、霜が一切あっては、ならないのだ。ジャガイモの種芋を入れるのは、3月に入ってからと言われているのだ。今年はあと4畝しようと思っている。その4畝は3月にやることにしよう。

 去年の6月に9畝作ったジャガイモは、芽が出て、しわしわになりながらまだ食べられる。我が家は去年の6月以来、ジャガイモとたまねぎは自給自足だ。
 やった~。あこがれの自給自足生活だぜ。

 加えて言うと、寒い寒いといっても、はこべのような小さな花が咲く雑草がだんだん生えてきている。一歩一歩春が近づいてゐるのだ。

 ジャガイモの芽の出る頃やハコベ草     楽狸

 
[PR]
by isehyakusyou | 2008-02-25 22:31 | Comments(0)