「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋じゃがはどうすればいいのでしょう?誰か教えて!

毎年、秋ジャガイモを作るけどうまくいかない。

 去年は近くの園芸屋に「秋ジャガは9月上旬からお彼岸までに植えるべし。8月に植えると土の中で腐る」と言われて9月半ばに種芋を入れた。でもすぐ寒くなって大きくならずに、収穫がほとんどできなかった。
 
 今年は、「秋ジャガは8月中に種芋をいれるべし」という人がいて、八月上旬に入れたけど、大半芽がでない。まだわからないけど、何かうまくいかない感じ。
 だって、となりの畑ではちゃんとたくさん芽が出ているんだよ!?

 誰か、秋ジャガイモについて教えてください。いつ植えればいいか、品種はメイクイーンや男爵でもいいのか?など、お願いします。
[PR]
by isehyakusyou | 2009-09-24 12:13 | Comments(2)

品種改良(品種改悪?)

 そうか、品種改良には、肥料を使わせるという意味の品種改良(改悪じゃねえか)があるんですね。
 
 悪しき資本主義はそんなことまでするのか。品種改良というと宮沢賢治みたいな心優しい科学者が、「科学の力で農家を豊かに幸せにするのです」と思ってやってんのかと思っていた。

 そういえば、種も、一代限りで駄目になる種を作っているんですってね。去年はオクラをその前の年の種で作ったけどできなかった。一代限りの種は、ビルゲイツが主導で研究していると友人に聞いた。

 種が続かないと、自給自足にならない。外国に野菜生産を握られているのと変らない。自給自足の道は厳しいっすね。
[PR]
by isehyakusyou | 2009-09-23 10:48 | Comments(1)

なす・ピーマン

 ナスは以前、私の家の庭でやったときは、全然駄目でした。一株に一つ程度。
 畑を借りてからはいいですよ。一つは日当たり。日当たり良好なのがナスは好きなようです。
 後は、肥料。以前、誰かから「ナスは多肥だよ」って言われた教えを守っていて、鶏糞、牛糞を移植ごてに二杯くらい、元肥をやって、実がなってからは追肥も欠かさずやっています。

 あと私のは種でなく、苗だから、そこが違うかも。そちらは、種ですよね。私は、なす、ピーマンは種でやっていないのです。
[PR]
by isehyakusyou | 2009-09-16 10:12 | Comments(1)

この夏、作業内容

 秋めいてきました。朝晩は涼しいです。久しぶりです。
 八月中旬にようやく夏らしくなり、その時期からナスとピーマンが順調です。週に10個くらい収穫できます。
今年は、ピーマンがいつになく出来がいいです。ごうや、オクラもいいです。

 きゅうりが今年は駄目でしたが、八月中旬後から植えた苗から数本収穫できました。まだ出来そうです。
 
 なす・ピーマンをどんどん収穫できる方法。
 それは、追肥です。私は1~2週間に一度、牛糞、鶏糞と土を混ぜたものを、根の周辺の移植ごてで10センチほどの穴を掘り、埋めています。これでかなりなります。暑いくて、追肥をすれば、なす・ピーマンの収穫ができます。

 今年はニンジンの出来がいい。例年細いのしかできなかったのに、今年は店に売っているようなものが現状で数本出来ました。雨が多かったことが、よかったようです。ニンジンはお水が好きなようです。

 さつまいもも1~2本、収穫しました。ちゃんと出来ています。去年は11月に収穫したものが、表面がざらざらでした。最近、収穫したものは、店の商品みたいつるつるの紅色です。味もよかったです。

 秋じゃがいもの種芋を知人に教えられて八月中にしました。人によっては9月に入ってからすべきとの意見もあり、迷っています。実験です。



 

 
[PR]
by isehyakusyou | 2009-09-11 17:18 | Comments(2)