「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

1月畑状況

 今年はブロッコリーの苗植えの失敗により、今のところブロッコリーは取れない。今1月30日、取れるのは、大根とカブ。大根は、里の秋という品種。うまい煮大根は、太っていて、食べられるけど、ちょっと時期が遅くなったかなと思う。食べられるけどね。
 カブは雪姫という品種。去年は、大きいのが結構取れたが、今年は今一。
 長ネギも去年植えたものが、食べられる。

 後、玉ねぎ、いい時期に植えた市販の苗はいい調子で成長しているが、後から植えた自分で種から育てたものはかなりの数、枯れている。時期外れに植えた市販苗もかなりの数、枯れている。
 玉ねぎの種蒔きや植え付けはやはり時期を守らなければ駄目みたい。
 (太一さん、そうですよね。)
 今年は、昨年6月に収穫した玉ねぎで卓球ボールくらいのものを100くらい植えた。これがまともな玉ねぎになるかを実験している。取れたらうれしい。
[PR]
by isehyakusyou | 2010-01-30 23:01 | Comments(0)

味噌作り

 生まれて初めて味噌を作った。
 3年間、津久井在来という大豆を無農薬で栽培しているが、家族が「虫のついた枝豆は食べない」とか「煮豆は時間がかかって余るのでしない」とか言うので、栽培した大豆の消費方法がなかった。今年は思い切って、味噌作りをした。
 調べると、大豆、米糀、あら塩=10:10:4の比率が多い。塩が多いと腐りにくいらしいので、950g:1000g:500gの比率でやってみた。
 大豆は家族が12時間かけてじっくり柔らかく煮てくれたので、それを、すりこぎで潰した。結構腕が疲れる。それに塩と糀の混ぜたものを混ぜる。ある人に聞くと、「混ぜたたて、ぼそぼそして味噌らしくない」と言っていたが、十分煮てあったせいか、味噌らしい感じ。少し食べるとかなり塩辛い。
 やってみると、どのくらい煮汁を混ぜて柔らかくするのか?かびないためにビニール袋で密閉するのか?それで味噌が呼吸できるのか?それとも瀬戸物の壺にじかに入れた方がいいのか?など、いろんな疑問が浮ぶ。一応、小さい瀬戸物にじか入れしたものと、ビニール袋密閉と二つ作ってみた。
 また、夏の40度の気温の時期、どう、乗り切ればいいのか?と思ったり、人によっては5月から毎日、天地返しして、9月から食べるという人や、5月8月に天地返しして、11月頃から食べるという人がいたり、諸説ある。 
 新しいことをすると不安や心配がある。
 そういえば手前味噌という言葉があるが、江戸時代の農家はどうやって米糀を手に入れたのだろう?大体、米糀って何?
[PR]
by isehyakusyou | 2010-01-30 22:53 | Comments(0)