<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

放射能の影響

 農作業を行う人間として、地元の農作物への放射能の影響を調べてみた。
 南足柄市のお茶から放射能が出たという話だから、自分の畑の作物は大丈夫かと思った。

 神奈川県のホームページからの資料を見て、驚いた。見てください。
 基準値内ではあるけれど、原発事故の以前にはなかった高濃度のセシウムやヨウ素が3月から4月にかけて出ている結果があった。
(単位について、「ベクレル・kg」と書きましたのは野菜1kgあたりのベクレル数です。この文章についてもkgが抜けていても、すべてそうです。
 ベクレルとは、1秒に1つの原子核が破壊すると1ベクレルなのだそうです。)
 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6576/p163715.html

 3月21日から4月10日にかけて、ほうれん草や小松菜で、ヨウ素で1700ベクレル・kgとか、1300ベクレル・kgとか650ベクレル・kgとかの値が出ている。セシウムでも230ベクレルとか139ベクレル・kgが出ている。
 ヨウ素は、基準値が2000ベクレル・kg、セシウムは500ベクレル・kgだから基準値内だ。しかし、放射性物質が神奈川の野菜から出ていたのだ。

 事故以前の平成22年度では、しいたけでセシウム2.3ベクレル・kg.ほうれん草は出ていない。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6862/p161487.html

 平成22年度の2.3ベクレル・kgと平成23年3月21日、平塚のほうれん草の230ベクレルでは100倍違う。明らかに原発の事故の影響でセシウム、ヨウ素といった放射性物質は来ていた。

 この資料は3月21日からのもので、3月11日から20日までには、もっと来ていたのではないか。原子炉の水素爆発やメルトダウンでもっと放射性物質が出ていた可能性を感じる。

 5月に入ってからは未検出が増えている。
 それは、まあ、一安心なのだ。が、事故の爆発により、放射性物質が、来るときと来ないときがあるのだ。
 県もマスコミももっと教えて欲しかった。
 3月から4月にかけて、自分の畑の菜の花やブロッコリーを食べてた。
 被曝したかもしれない。基準値といえど、体内に放射性物質を取り入れる内部被爆は、怖い。1秒が1ベクレルなら、1年では、60秒×60分×24時間×365日=31536000ベクレル。平塚のほうれん草が、230ベクレルだからかける230ベクレルで1年間では、7253280000ベクレル。(小松菜1kgは食べないし、洗えばどのくらいかは落ちるけどね)

 自分の畑をこれから、どうしようかなと思っている。落ちたセシウムはどこにいっただろう。ヨウ素は半減期が短いからいいが、セシウムは怖い。植えた野菜がすった可能性はないのか?これからも事故の推移によってはセシウムは来るのではないか。プルトニュウムはないのだろうか。

 自分の楽しみや生きがいや今後の日本に必要だと思われることを奪われたら、東電に補償して欲しい。
 東電清水社長は、退職金を満額で貰って退職したようだ。

 ちなみに、チェルノブイリの時期は、スウェーデンのトナカイで8000ベクレル・kgから16000、ひどいと3万ベクレル。ミューヘンの緑黄色野菜でヨウ素2万ベクレル、セシウム9000ベクレル。トルコの茶で5万べクレルというとんでもない数値が出ていたと「暴走する原発」という本にあった。

 しかし、週刊現代によると、国際的な環境団体グリンピースの測定結果では、福島市郊外のほうれん草で、15万2340ベクレル・kg、小松菜で7万3775ベクレル・kgの放射能が出たという結果が書いてあった。
 これはひどい値だ。どうなっているんだ?今日グリンピースに確かめたら、「間違いありません。週刊現代の取材に応じ、自分たちが計った値を公表したものです」と言っていた。

 ガイガーカウンターで自分の野菜を計りたい。

 
a0108371_2010162.jpg

 3月18日の畑の風景。この時もセシウムやヨウ素が畑に下りていたんだな。
 下は4月22日の風景。新緑が美しいが・・・・。

 
a0108371_20113237.jpg

[PR]
by isehyakusyou | 2011-05-26 20:16 | Comments(1)

記録・とうもろこし。

 連休中に大体、きゅうり、なす、トマト、ピーマン、ししとうの苗植えを終了。とうもろこしの種も4畝まいた。

 昨日は、ゴウヤの棚を作り、二株植えた。それからミニトマトあいこの黄色いやつ二株、知人に色違いだと季節がずれて食べられると教えられて。

 それから辛くない唐辛子、万願寺や伏見がおいしいというので、伏見甘長というのの種をまいた。


 □ とうもろこしについて発見

 先日、その畑をやる知人と話していたら、「とうもろこしって変ですよね」という話が出た。私は、例年とうもろこしを楽しんでいるので、「何?」と思った。
 その人は、直感的にとうもろこしは変と思ってきたらしい。「種ができるのに、それが覆われているのは不自然だ、種が散らばらない。それに味も人間に都合よく作られすぎている」という。

 確かに、考えてみると、種がおいしくて、種を食べる野菜というのは不自然だ。だって種がおいしければ、種が食べられてしまい、その植物の子孫が残らない。
 みかんでもキュウリでもナスでもスイカやゴウヤでもうまいのは種のまわり、種はうまくないから、捨てられてしまう。でも植物にとって種を捨てられるのは、子孫繁栄にもとだから、そこに意味がある。

 麦や米は、まだわかる。生で食べないのだから、野生の生き物は、麦や米の種をあまり食べない。
 しかしとうもろこしは生でもすごくうまい。
 生で種がうまく食べられるのは、その植物が得でなく、人間が得している。
 そういうことで、私が最近よろこんで食べている、生とうもろこしは、人間が得をする変な植物ということになる。
 
 インターネットで調べると、とうもろこしはもともと4000年前に品種改良されたもので、原種はわからないらしい。
 また、ああした甘いとうもろこしは1990年ごろから、品種改良で作られたもので、きわめて新しく、品種改良の結果生まれてきたものだそうだ。
 そう考えると、甘いとうもろこしは、先祖帰りではなく、科学技術の結果であり、最先端のもののようだ。

 そうかあ。そうだったのか。自然に帰る。先祖の生活に戻るなんて、なかなか簡単にいかないし、今の農だから、楽しいこともあるし、農は、結構科学に影響を受けているんだ、と思った。
[PR]
by isehyakusyou | 2011-05-06 16:09 | Comments(1)

調理

 めでたく、パソコンが直った。よかった。  

 Taichiさんちに遊びに行った。お世話様でした。
 私が無理やり持っていった大根を調理していただいた。感謝です。
 菜の花が咲いた大根。時期はずれ、表面が硬くなり、中もちょっと色が変わりかけた大根。
 こんなものは普通食べない。家族が、いい大根を食べてくれないから、無理やり時期はずれの大根をもっていって調理してもらった。
 即席漬物と大根おろしを入れたそばつゆ豆腐。
 しゃりしゃりしたけど満足。
 本当にありがとうございました。

 やはり素人百姓は、調理までして一人前だ。一番うまい時期に、一番うまい方法で、野菜を食べる。ああっ、それができたら。私の家族は決して、私が台所に入るのを許さない。
 何かいい方法はないかな。
[PR]
by isehyakusyou | 2011-05-06 15:51 | Comments(0)