<   2013年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

謹賀新年  旧都すでに荒れて新都いまだならず

 遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

 今年の初めに、太一さんのコメントへの返事を書きます。

 自民党のTPPへの意見は分かっていませんでした。誤解していました。教えてくださり、ありがとうございます。
 ただ、それで安心したかというと、そうでもありません。
 TPPについて、主導権を持っているのは、アメリカであり、自民党ではないと思います。
 前政権が、「交渉のテーブルにつく」といったことを覆せるのか、テーブルについて「NO」と言えるのか、疑問があります。アメリカは日本の財産や資源に手を伸ばしたいだろうし、それに反対する力が自民党にあるのか?不安は残ります。
 小泉政権、民主党政権で、政治家の公約やらマニフェストやらがいかに薄っぺらで、どうにでも変更されてしまうものであることを、我々はさんざん体験しました。

 それから自民党の支持者が国民の25%程度とのこと、了解しました。守る会のKさんも「この選挙結果は小選挙区制度のマジックだ」と言われていました。

 ただ、25%でも何でも、自民党が過半数を取ったことは事実で、増税、無駄な公共事業への浪費、原発推進が進められていくことは間違いありません。
 別に興奮しているわけでもないつもりだけど、これってマズクないですか?ちょっとヤバクない?とは思います。

 また、25%で圧勝できる日本の民主主義って何なの?とも思うし、投票に行かなかった人たちは、どういうつもり?とも思います。頭が???です。

 でも、例えば反増税、反原発を主張した、未来の党が分裂して、なくなってしまったのを見ると、あれは結局、小沢さんの選挙のためのイメージ戦略だったのか?嘉田さんのクリーンイメージの影に小沢さんが隠れようとしただけだったの?と思ってしまう。

 つまり、反増税、反原発の主張をしっかり実行できる、反増税、反原発意見の受け皿の政党がいないという感じはする。
 それは国家官僚を中心とした中枢の集団が日本の権力と金をしっかり握っていて、現在の政治家の力ではそれを変えられないということなんじゃないかと思う。

 それから同時に、前回書いたけど、高度経済成長の枠組みを壊した後の、日本国の全体的ヴィジョンを誰も持てないということなんだと思う。ヴィジョンを持って現状でどこから改革を実行するかという戦略を持てない。

 「旧都すでに荒れて、新都いまだならず」

 平家が福原へ遷都した時、鴨長明はそう嘆いたけれど、12年後に鎌倉幕府ができている。
 本格的な秩序である江戸時代は420年後。
 どうなるのか?
 どうするのか?

 
a0108371_18165933.jpg
 
[PR]
by isehyakusyou | 2013-01-09 18:12 | Comments(1)