<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

冬の畑

 
a0108371_13394745.jpg


 大根、キャベツ、白菜が育っているのが見えるでしょう。
 順番に抜いて食べるので、ばらばらの状態。

 
a0108371_1342499.jpg


 野口種店からかった種で育てたタマネギ、「泉州中甲高黄大玉葱」も半分は枯れず、成長しています。

 今、うちの畑は、主力が、大根、長ネギ、ブロッコリーで、キャベツ、白菜もあります。

 虫がつくのを家族が嫌がるので、葉物は、あまりやらなくなりました。普通なら、これに春菊や小松菜や菜花があるんでしょうね。
[PR]
by isehyakusyou | 2013-02-15 13:46 | Comments(0)

長ネギの育て方(自己流・直播・種から・植替えなし・有機無農薬)

 今回は、私の長ネギの育て方を紹介しましょう。

 私は、長ネギを、種で育てます。農協で買った「石倉一本ねぎ・貴婦人」です。(2012年からは野口種店の「石倉根深一本葱」)
 長ネギは、一般的に苗を育てて、植えつけて、大きくなったら、深く植え替えて、長くするのでしょう。

 しかし、私は、かつて植え替えて、枯れてしまったり、苗がうまく育たなかったりということを体験しました。
 「それなら、植え替えはしない。直播きして、そのまま育てよう。その方が根が切れず、そのまま大きくなる」と考えました。
 下を見てください。
 30センチくらいの深さの溝を掘って、その下に肥料(堆肥、鶏糞)を混ぜて耕します。

 
a0108371_13274122.jpg


 この溝に4月はじめに種を筋蒔きします。
 
 その後、長ネギがある程度成長するまで、雑草を抜きます。小さいネギはひょろっとしていて小さくて、雑草に負けそうです。下の状態。

a0108371_2153569.jpg


 ある程度(20センチほど)成長したら、両側から土をかけて、畝にします。
 あんまり暑い時期だと枯れる可能性があるので、9月に入って涼しくなってからの方がいいようです。

 去年にそうやって作った長ネギの今の姿が以下です。まあ見た目、普通でしょう。

 
a0108371_1332440.jpg


 抜くとこんな感じ。明らかに短い(白いところが市販のネギの半分か三分の一くらい)です。
 でも、青いところもうちでは食べるし、二~三本抜けば、市販のものと量はかわらなくなります。小さい分、数があればいいのです。
a0108371_13322455.jpg


 香りは、市販の長ネギよりずっとよくて、知人に上げると「素人百姓さんのネギは香りがよくておいしい」と言ってくれます。
 植え替えて、枯れたり、小さくなったりするより、この方がいいと思ってます。
[PR]
by isehyakusyou | 2013-02-15 13:38 | Comments(1)