「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

草ぼうぼうの畑と自然農法

 7月8月怪我で畑にほとんど出られず草ぼうぼう。
 自然農法から見ると好ましいのかもしれないが、ほとんど収穫がないので、駄目と思う。

 ただ唯一、ほったらかしの草ぼうぼう畑で元気なのは、大豆。
 これは、わが地元の在来種の大豆なのだ。津久井在来という種類だ。

 
a0108371_20595477.jpg


 写真を見ると奥に大豆が元気に生長している姿が見えるでしょう。この大豆、他の野菜と同様に、7,8月全然手を入れていない。でも元気に成長している。雑草の間に蒔いたのさえ、雑草を押しのけて成長している。

 手前はサトイモですが、完全に雑草に負けています。姿が見えず、雑草に埋もれています。

 これを見ると、自然農法の一つの大切なことは、地元の自然に合うものを育てるのことなのかもしれない。

 しかし、トマトもキュウリもナスもみんな外国の野菜で、地元の原産種ではないから、いろいろ工夫が必要になるわけだ。
[PR]
by isehyakusyou | 2013-08-14 21:05 | Comments(3)