<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

時代の岐路に立ち、自主独立を思う

8月30日、国会前のデモに参加した。
 
 いろいろなことを思う。

 安倍首相のやっているのは、アメリカ追従政策で、全く私は納得できない。
 山本太郎参議議員は、8月19日の国会質問で、第3次アーミテージ・ナイレポートを取り上げ、「日本の政策は、このレポートの提案の完全コピーじゃないですか?」と与党に詰め寄った。
 日頃から日本の政策がアメリカの圧力で行われていると思い憂いている私には、溜飲の下がる発言だった。
 https://www.youtube.com/watch?v=G04JBTbuWMo

 また、山本議員は、アメリカのイラクでの村人虐殺という戦争犯罪を取り上げて、「アメリカが戦争犯罪したら、アメリカの協力を断れるのですか?イラク戦争時の日本国内の検証もしていないのに?」と発言した。
 感動的、爽快な発言だ。
 
 https://www.youtube.com/watch?v=L-p_PUzWyAs

 ナイ・アーミテージレポートはインターネットで簡単に日本訳、原文が讀めた。

 http://ch.nicovideo.jp/iwj/blomaga/ar90847

 「原発再稼働は、責任ある正しい処置」
 「TPP交渉への参加を遅らせないことが、日本の経済安全保障上の利益」
 「カナダ、メキシコ、そして米国とのFTAは、日本の経済、エネルギー、および金融の安全保障において、我々が思いつける他のどの手段より役立つだろう。」
 「集団的自衛の禁止は同盟の障害である。」

 こんな言葉が並んでいる。(あいつらFTAも狙ってたんだ。と唖然)

 やっぱりアメリカの言いなり日本なのか。
 情けない。

 ちなみにナイとかアーミテージとかいう人々はジャパンハンドラーと呼ばれていると東京新聞に書いてあった。8月26日。
 ジャパンハンドラーとは日本を調教する人という意味。日本人は牛や馬のような動物で、アメリカ様に調教される存在だと思われているのだ。
 ひどい差別。
 すべての愛国者は怒るべきだ。(安倍首相って一応、愛国者って話なんでしょう?)
 ジャパンハンドラーに言いなりでは屈辱的すぎませんか?

 しかし、だからと言って、私は9条護持、平和主義者ではない。
 
 日本は侵略戦争すべきでない。しかし、国の防衛のためには戦うしかないと思う。

 中国が、南沙諸島に建物を作り侵略を進めているという話を聞く。
 東シナ海、南シナ海を通れなくなれば、日本の経済は大打撃を受けるだろう。

 第三次アーミテージ・ナイ・レポートでも日本にアメリカはその事実を示して脅しをかけている。

「最も喫緊の挑戦は日本自身の隣国だ。中国は、日本への度重なる周航を含む、東シナ海の大半、実質的な全南シナ海、人民解放軍と海軍の運用速度の劇的な増加を、主張或いは実践しており、これらは北京による「第一列島チェーン(日本、台湾、フィリピン)」、もしくは北京が考える「近海」全体に対しての、より強大で戦略的な影響を与える意志を示している。」

 これで安倍首相は、アメリカに助けを求め、「集団的自衛権を作ってアメリカの言いなりに自衛隊を世界中に派遣するから、アメリカ様、中国から日本を守ってください」とお願いしたのであろうか?

 でもアーミテージナイレポートのこの文章の前は、こう書いてある。

 「日本は能力形成や二国間及び多国間の対応を通して、これまで以上に防衛と軍事の外交手腕を発揮することができる。新たな役割と任務の見直しにあたっては、日本の防衛及び地域の緊急事態における米国との防衛を含めた日本の責任範囲を拡大すべきである。」

 これって「集団的自衛権をアメリカも認めるから、自分で外交なり、防衛なりの努力をしろよ。」って意味じゃないの?「米国との防衛」とは書いてある。しかし、アメリカが本気で日本を助けるため戦うつもりというように感じられない。どちらかというと日本に責任を押し付けたがっているように読める。誤読だろうか?

 大体、アメリカが東シナ海、南シナ海のため、中国と戦うだろうか?

 その問題で困るのはフィリッピン、ベトナム、台湾、日本であって、アメリカでないと思われる。

 しかもアメリカは日本の集団的自衛権を当てにして軍備を削減したと山本議員が言っていた。こんなアメリカが南シナ海のために本当に中国と戦うとは思えないのは、私の間違いなのか?

 今、日本は岐路に立っている。

 アメリカに追従して、搾取され、こき使われ、貧乏と差別に苦しむか。
 9条護持して、東シナ海を通れなくなって困るか。
 自主独立、自国防衛の道を選ぶか。

 私はデモはいいと思う。こんな状況で、自分の意見を表明しないのはおかしい。
 言いたいことを言うべきだ。
 しかし、国民の意見が間違っているなら、真実を説明する責任がリーダーにはあるんじゃないか?
 国民は、リーダーの言いなりの奴隷になってろ、というのはおかしいだろう。

 終戦時、アメリカのトップは、「日本人は戦時中、軍部の言いなりだった。戦後は、アメリカの言いなりにする。」と発言したとどこかで読んだ。(多分、「戦後史の正体」)

 日本国憲法は、マッカーサーの意見で作られ、マッカーサーは、国連軍を作って各国の軍隊はなくし、国連軍を世界の警察にする構想を持っていたという。
 9条はその構想の上に書かれていると言うことだ。
  日本国憲法の前文にある「今や世界を動かしつつある崇高な理想」とはその世界構想を指している。(「なぜ日本は基地と原発を止められないのか」)
 しかし言うまでもなく、国連軍構想は実現できなかった。

 9条は、現実的立脚基盤なく存在している。


 今日本は岐路に立っている。

 アメリカに追従して、搾取され、こき使われ、貧乏と差別に苦しむか。

 9条護持して、東シナ海を通れなくなって困るか。

 自主独立、自国防衛の道を選ぶか。

 どの道も茨の道だ。簡単な道は一つもない。

 自分の頭で考えて判断しなければならない。
 この世界でどう生きるかは、自分で考えて、自分で選び、自分で戦わなければならない。

 時代の岐路に立ち、自主独立を思う。
 
a0108371_10123162.jpg
 
[PR]
by isehyakusyou | 2015-08-31 10:06 | Comments(5)

種から作った野菜たち

a0108371_2357238.jpg

空芯菜は去年も作りました。エン菜とも言います。
今年もまあまあ。作り方は以前書きました。

a0108371_23573913.jpg

オクラは三回目かな。もううちの畑の定番。夏後半のエース。

a0108371_23574976.jpg

今年初挑戦のピーマン。
一応できる。でも8月後半では苗より遅いなあ。

a0108371_2358469.jpg

同じく初挑戦のナス。小さいなあ。
[PR]
by isehyakusyou | 2015-08-24 00:01 | Comments(2)

最近

 3年目の玉ねぎの種がなぜできなかったのか理由がわかりました。
 「玉ねぎの種」という書き込みに書き加えました。

 「トマトの豊作」を書いた直後、トマトがぱったり取れなくなりました。
 株の時期があるんだと思いました。
 今とれるのは、なす、ピーマン、甘トウガラシ、オクラ。写真の奥の方は空芯菜。

 地道に秋冬野菜の土つくりをしています。
a0108371_035917.jpg

[PR]
by isehyakusyou | 2015-08-21 22:48 | Comments(0)