<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

TPPフォーラム・ISD条項の恐ろしさ

 TPPフォーラム「日本の農業と食の安全、協同組合の行方」に参加した。

 その中でわかりやすい話をいくつか書きます。

 TPPを長年研究したサーニャ・リードスミス氏の話。

1 シェブロンという会社がエクアドルでアマゾンを汚染して、3万人に被害を与えた。
 裁判を起こし、裁判所はエクアドルの法律に基づいて、180億ドルの賠償金を命令した。
 するとシェブロンはISDS条項で訴えた。
 結果は、エクアドル政府に裁判所の判決を取り下げさせたというもの。
 法律で正当な裁判をしてもひっくりかえせるのだ。
 しかも、政府に裁判所の判決を変えさせるのは、三権分立の否定だ。
 日本で水俣病が起きたが、TPP後、外国投資家が投資した企業で起きたら、水俣病への対応はなされないだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=LCFKYD_j3Kg
1:00分あたり

2 ある国で、ある投資家がホテルを建てるという話で、土地を借りた。
 しかし契約の建設時期から3年たっても、建設は行われない。
 そこで法律に従ってリース契約を破棄した。
 すると、ISD条項発動。
 結果は、土地リース側が、投資家に9億ドル支払うというもの。
 9億ドルは、ホテル建設して90年間経営して儲ける金額として計算された。

 ホテルは全く建てず、経営せずに、90年経営推定で、9億ドル儲けた。

https://www.youtube.com/watch?v=LCFKYD_j3Kg
1:03あたり。

3 昨年2015年12月からアメリカでは、アメリカ産牛肉にアメリカ産の表示ができなくなった。
カナダ、メキシコに「アメリカ産牛肉の表示は、カナダやメキシコ牛肉の販売に対して公平でない」との訴えのため。
今後、日本でも「オーストラリア産」「アメリカ産」「国産」の肉の表示はなくなるのか?
(このフォーラム後、TPP訴訟報告会の最後に山田正彦氏の発言)

a0108371_10504820.jpg

[PR]
by isehyakusyou | 2016-02-23 10:51 | Comments(0)

TPP差止違憲訴訟の会・第3回口頭弁論

 東京地裁のTPP差止違憲訴訟の会・第3回口頭弁論に行ってきた。
 抽選にもれて、裁判の傍聴はできず、学習会と報告会に参加。

 報告会で「今回は大成功です。原告の陳述が2分認められました。前回は書面だけでいいと裁判官に言われましたが、今回は2分の陳述が認められました」との話を聞いた。

 陳述したのは、元外務省官僚の孫崎享氏(「戦後史の正体」著者)、アレルギーの子供を育てるアレルギー対策をしているNPOのお母さん、それから弁護士さん。

 孫崎氏は、「ISD条項が国家の主権を犯し、国会の立法権、司法の独立を否定するものだ」という危険を訴えた。

 アレルギーの子供を持つお母さんは、「世界でトップクラスの高いアレルギー基準と判定機械を持つ日本の基準が、TPPで甘くなれば、子供の健康にひどい被害が出る。子供に何を食べさせていいか、わからなくなる」と訴えた。

 弁護士さんは、「関税は長期的に再度検討を繰り返し、どんどん下げる方向で動き、日本の農業は大変な危機を迎える」と訴えた。

 この会の熱意ある活動には頭が下がる。
 ありがたい。

 でも、本来は上記のこうした危機は、日本政府が戦って守るべきものだろう。
 日本政府はこの裁判で、「現実的な権利侵害が起きていないから裁判を始めるのは不当だ」と言っている。

 原告にたった2分、ようやく話させるだけなんて、ひどすぎる。
 国会の立法権の否定、司法の独立の否定なんて、国の主権、独立にかかわる重大な問題ではないか。国自身が、裁判所自身が、自分で真剣に取り組む問題ではないか?

 自民党丸山議員の言葉が頭をよぎる。
「ややユートピア的かもしれないが、日本がアメリカの51番目の州になったら」

 会のメンバーが言っていた。
「もうすでに国民への権利侵害は起きている。こんな重要な条約について、長い間知らされてなかった。国民の知る権利を侵害している」と。

a0108371_10123771.jpg

[PR]
by isehyakusyou | 2016-02-23 10:13 | Comments(0)

ジャガイモの種イモ植え

今日はジャガイモの種芋を植えた。
去年の自分の半分と買ったのを半分。
キタアカリ1kg
メイクィーン1kg
あと自分の。
多いので切らずに入れた。
大きいのは大きい、自分ので小さいのは小さい。
どんな結果が出るか。
a0108371_004941.jpg

[PR]
by isehyakusyou | 2016-02-19 00:01 | Comments(0)

自民党丸山議員発言

 いやあ、自民党の丸山和也議員(法務部会長)の発言はひどい。

 オバマ大統領や黒人を差別した奴隷発言をしたのだ。ひどい。こんな人種差別発言を国会議員が公的な場で行うなど日本の恥だ。参議院議員憲法審査会、記者会見で発言したのだ。
 
 しかし、その発言の前半の発言もひどい。

 前半後半とも、どういう発言をしたか、東京新聞2月18日朝刊から引用する。

「ややユートピア的かもしれないが、例えば、日本が米国の51番目の州になることに憲法上どのような問題があるのか。(米国の州になれば)集団的自衛権、(日米)安全保障条約は全く問題ない。拉致問題すら起こってこないだろう。いわゆる国の借金問題についても、行政監査のきかないような、ずたずたな状態には絶対なっていない。」

「おそらく日本州は最大の下院議員選出権を持つ。世界の中の日本というけど日本州出身が米大統領になる可能性が出てくる」

そして後半の問題の差別発言。

「今、米国は黒人が大統領になっている。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。はっきり言って。」

 「はあ?」「はあ?」「はあ?」「はあ?」

 前半は、もはや現実から乖離して、不思議な世界に行ってしまったとしか思えない。後半は、異常な差別発言。

 自民党って一応右翼的政党で、愛国者の集団って看板じゃないの?
 こんな超売国、日本の伝統、歴史、日本人としてのアイデンティティを無視する発言をゆるして、自民党の人はいいの?右翼に刺されない?

 異民族が外国に溶け込む、大変さ、重みが全然わかっていない。文化も、言葉も、生活も、食事も、宗教も違う国の一部になるのだ。どれだけ大変なことか。日系アメリカ人の苦痛に満ちた歴史を、学んだらどうなの?
 非常識極まりない。

 それにアメリカ人が1億人弱の日本人に選挙権を与えるはずがない。選挙権を得る大変さも理解していない。

 しかも、アメリカをユートピアみたく言う人が、黒人差別発言をする。

 差別発言はひどい。この件に関しては私は日本人の一人として、苦難の歴史を生き抜いてきた黒人の皆様とオバマ大統領に謝罪したい。だいたい、オバマ大統領は一度だって奴隷になんかなっていないじゃないか。

 「これは奴隷ですよ」の 「これ」という言葉は何ですか?何を指すのですか?黒人ですか?黒人の血を引くことですか?
 「これ」という言葉から、とんでもない非人間的な非常識を感じる。

 この人は議員を辞めると言っていないらしい。
 こんなことして議員を辞めないことが許されるのか?
 安倍首相以下の自民党の中枢の人々はそれでよしとするのか?

 国会でこんな非現実的で、現実のたいへんさを無視して、差別的発言を言っていいのか?
 もっと常識ある現実的な議論をする場ではないのか?。

 高市議員の放送中止発言。

 育休議員の不倫。

 甘利大臣の賄賂。

 自民党は緩みすぎ、異常、末期状態ではないのか?

 人間、他からの批判をゆるさない権力を持つと異常な状態になるのか?
[PR]
by isehyakusyou | 2016-02-18 23:52 | Comments(0)