「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

これから自民党は改憲についてどうするか

 改憲派が三分の2の議席を今回の選挙でとり、選挙中は、改憲なんて口にしなかった、安倍首相、自民党、マスコミが、手の平を返したように、改憲論議に入ると言っている。
 あいかわらず都合の悪い時には黙っている姿勢に腹が立つ。

 しかし、今後はどうなるだろう。

 現閣僚たちの多くが参加している保守派の集団、日本会議。
 ここで自民党の政策の基本は決められるらしい。
 「日本会議の研究」という本によれば、もう2015年には日本会議の人々は、2016年の参議院選挙で、3分の2の議席を取って、改憲を進める計画だったという。もうすでにシナリオが書かれていたのだ。

 では次のシナリオはどうだろう。

 「日本会議の研究」によれば、日本会議に席で「緊急事態条項」と「家族条項」を変えることが話に出たという。また安倍首相のシンクタンク「日本政策研究センター」の改憲プランもそうなのだそうだ。
 
 私も、きっとそう動くと思う。

 9条はきっと変えないだろう。
 9条を変えれば多くの人が反発するのは目に見えている。

 しかも、現在、安保法制があるのだから、アメリカの侵略戦争の加担という、アメリカの要請には答えられる。だからあえて、9条を変えるなんて、騒がれることはしまい。(未来はわからないが)

 逆に、「9条は変えません」と安倍首相は言うに違いない。
 そうすれば、国民の多くは「首相はいい人だ」と思うだろう。そして改憲反対勢力の力はしぼむ。

 しかし、もうすでに安保法制が成立しているんだから、9条を変えようと変えまいと、当座、現実には変わりない。

 そして出てくるのが「緊急事態条項」。これは必要だから成立させてくれと自民党は言うだろう。
 
 これが独裁制への道を開き、国民の権利を制限する可能性が高いことは、私は3人の弁護士さんから聞いている。
 緊急事態条項で、行政府の長である首相が法律を作れる。予算を使える。国民の権利を制限できる。

 これさえあれば独裁的にかなりのことができる。
 
 緊急事態条項の加憲。
 テロなどの非常事態発生(東京オリンピック時に起きたら、劇的だ)。
 緊急事態条項の発動。
 対テロ対策のもとに、国民の人権や生活を大幅に制限。
 気が付いたら、日本は大幅に人権のない国になってました。
 緊急事態条項は、国会の与党多数の状況では、いくらでも延長できる。
 気が付いたら、日本は権力者に都合のいい国民の各種の権利が制限された国になりました。

 そんなシナリオがあるように思えてならない。

 アメリカで911テロ後に起きたのもそうしたことだ。愛国者法などでアメリカ市民の生活は制限されていった。

 緊急事態条項の加憲こそ、改憲の本丸だ。
 独裁への道だ。民主主義の破壊だ。ナチの全権委任法のように。

 9条改定には反対でも、緊急事態条項について、政府とマスコミが、独裁化について隠して、緊急事態に必要なんだと国民に説明していけば、国民は「そんなもんかな」と思ってしまいそうだ。

 それはまた、公明党にも都合がいい。

 公明党は、加憲を訴えている。しかも9条改定はしない。しかし緊急事態条項は、緊急事態に対応する必要なものだと言えば了解されやすい。
 大阪維新の会でも、各種の人権条項に触れず、緊急事態条項なら、了解が得やすい。

 アメリカ政府とアメリカ中心のグローバル資本も、そうして安倍政権が都合のいい政策を作ってくれれば賛成だろう。

 これからは改憲論議の中心は、緊急事態条項になる気がする。

 それとも、国民に「9条は変えません」と主張して、その陰でこっそり進めるのか。

 とにかく、緊急事態条項の危険さを国民に知らせていくことは大切になるだろう。
[PR]
by isehyakusyou | 2016-07-12 06:19

今回の参議院選挙

 今回の参議院選挙は改憲派が3分の2の議席を取ってしまって、誠に残念だった。

 今まで書いてきたように私は自民党改憲草案については、問題が多すぎると思うので、あれが憲法になってほしくない。

 しかし今回の選挙結果を見ると悪いことばかりではないと思うのです。

 それは各地で、現実を見て、自分で考える人々の姿勢が幾分かでも見られたからです。

 東北では自民は惨敗です。
 秋田以外の5県で自民は負けました。

 ここには東日本大震災への復興をきちんと行わず、原発事故への対応をきちんと行わず、再稼働を進めた自民への不信がはっきり示されています。
 さらに断固反対と嘘をついた上で、TPPを喜んで進め、農業をグローバル資本にさらして、農業を衰弱させ、他国籍企業に売り渡そうとしている自民党への不信もあるに違いありません。
 震災復興、原発事故、TPPで自民党に煮え湯を飲まされた東北人は自民党にはっきりとNOと言ったのです。

 沖縄でも自民は負けて、衆参全議席を失いました。

 私は自民が負ければそれでいいという考えではありません。

 そうではなくて、そうした選挙区の人々が、今までと違うことを自分たちで考え、決断し、行動したことを頼もしく思うのです。試練の直面すれば日本人は考え行動することができる国民だということの証明をそこに見るからです。

 1人区での野党共闘をした野党の人々の勇気も評価すべきでしょう。

 また、シールズなど主体的に動いた民間の人々もいます。一般市民のデモへの参加も普通にみられる現象になりました。

 私は、それらの人々の意見と全く同じではないのですが、その人々に自分で現実を見つめ考える姿勢があることをこころ強く思っています。

 危機に対して、鈍感なのは日本人だけではない。アメリカでも、北米FTAを決める際には、マスコミと政府の宣伝によって、国民には危機感なく好意的に考えられていました。今のTPPに対する日本国民の態度と似ています。
 いざFTAで雇用を奪われてから、自由貿易協定の恐ろしさを感じて、TPP反対になったのです。
[PR]
by isehyakusyou | 2016-07-12 05:44

やっぱり安倍首相は勝ったとたんに、改憲発言を始めた

 選挙前に前回私はこう書いた。 


『しかも選挙で自民党は、改憲についても人権についても言わない。

 はっきり言えよ。「今回の選挙で三分の2の改憲派の議席を取ったら、天賦人権説を否定し、公益と公の秩序のために人権を制限する憲法に変えます。人権を制限する憲法のために一票投じてください」と。

 卑怯だ。卑怯者だ。改憲を選挙で言わず、選挙で勝ったら改憲。
 ナチのように静かに改憲(麻生副総理発言)。』

 私の予想通り、改憲派が3分の2議席になったとたん改憲について発言し始めた。

「今後、憲法審査会で与野党なくしっかり議論していきたい。いかに与野党で合意をつくっていくかだ」

 NHKラジオでも、改憲の話題がたくさん出た。

 思った通りの展開だ。
 選挙中には、改憲を口にしなかったのに。(私の知る限りニコニコ動画の党首討論で聞かれた時だけ)

 これからも、情報を操作して、こうやって国民を騙していくのか?


a0108371_2363764.jpg

[PR]
by isehyakusyou | 2016-07-11 23:06

自民党、長勢甚遠氏の発言。「国民主権、基本的人権、平和主義の三つを無くさないと自主憲法にならない」

 知人からYOUTUBEで、自民党の偉い人たち(安倍首相も同席)の動画を見た。
 自民党の元法務大臣・長勢甚遠氏はこう発言した。

「国民主権、基本的人権、平和主義の三つを無くさないと自主憲法にならない。人権、平和などと言うと怖気づいてしまう。」と発言。

 驚愕した。

 自民党の中枢部には、国民主権や基本的人権という国の基本ルールや人間の尊厳にかかわる重大事を公然と否定する人がいて、同席した自民党の中枢部の人たちは、みんな何とも言わないんだ。安倍首相も同席している。
 信じられない。

 改憲草案では、確かに、基本的人権は、「公益や公」により制限される。つまり、基本的人権より、「公益や公」の方が上なのだ。自民党改憲草案Q&Aでも、天賦人権説は否定していた。「現行憲法の規定の中には、西欧の天賦人権説に基づいて規定されていると思われるものが散見されることから、こうした規定は改める必要があると考えました。」

 自民党・片山さつき氏は、「天賦人権説をとるのを止めようというのが私たちの基本的考え方です。」と発言。

 今の自民党の中枢の人にとって、「天から、人間には、最低限の文化的生活をする権利が与えられている」という考えは否定されるのだ。自民党は、人間には人間の尊厳があるということを否定するのだ。

 どう考えてもおかしいだろう。
 全く納得できない。

 しかも選挙で自民党は、改憲についても人権についても言わない。

 はっきり言えよ。「今回の選挙で三分の2の改憲派の議席を取ったら、天賦人権説を否定し、公益と公の秩序のために人権を制限する憲法に変えます。人権を制限する憲法のために一票投じてください」と。

 卑怯だ。卑怯者だ。改憲を選挙で言わず、選挙で勝ったら改憲。
 ナチのように静かに改憲(麻生副総理発言)。

 黙って国民を騙そうとしている。

 それで三分の2取ったら「国民の信任を取ったから改憲議論を始めます。国会で承認させます。」と言って実行するんだろう。

 卑怯だ。
 国民をだましている。

 TPPの時も断固反対と言って騙した。

 第二東名の時も「無駄な道路は作らせません」と言って騙した。


 タカ派である大阪維新の会、橋本徹氏でさえ、「自民党改憲草案は悪夢だ」と言った。
「憲法改正は絶対に必要だが、あの悪夢のような古臭い自民党憲法改正案や産経新聞案は絶対にダメだ。」

 私は改憲に反対ではない。日本に自衛権があることははっきり認めるべきと思う。
 しかし、アメリカの侵略戦争の手先になって、テロの対象になるのは、まっぴらだ。
 
 それよりも、何よりも、人権とか、国民主権とかは普通に大切だと思っている。あたりまえのことじゃないか。
 権力者の奴隷になりたくない。格差社会によって、搾取されたくない。一個の人間として、自分で選択した自由な人生を生きたい。
 あたりまえじゃないか。
[PR]
by isehyakusyou | 2016-07-05 15:53 | Comments(13)