「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夏野菜ができ始めた

 久しぶりに農作業の記事です。
 今年は夏野菜が駄目でした。
 去年は6月中旬から7月中旬に第一陣のキュウリがものすごくできて、ぱたっとできなくなりました。
 また、なす、トマトも、去年6月末から、ぼちぼち取れていましたが今年は全然だめです。

 たぶん、引っ越した後の土地が、前の人が化学肥料農業で育てたので、肥えてないのだと思います。

 それで、株の周辺に追肥をかなり入れた。中心は米ぬか、それに堆肥など有機肥料。


 加えて、5~7月にすごく暑い日と結構寒い日が続いて、順調の育たなかったと思います。

 
 最近夏らしい暑い日々も続くので、ようやく、なす、キュウリ、トマトなどが少しはできるようになった。

 下の写真は、種から育てたキュウリ「相模半白」です。(どうしても写真を回転しても元に戻ってしまい、傾いた写真です。すみません)

a0108371_8401155.jpg

[PR]
by isehyakusyou | 2016-08-11 08:32

津久井やまゆり園の事件

  被害者の方々、関係者の方々の心痛を思い、回復と平安をお祈りいたします。 

  この事件には言いようもない衝撃を受けました。まだ、それから立ち直っていません。
 この事件について私は客観的に見られません。

 しかし、いくつか意見を書きます。

 まず、この事件が現代を象徴する事件だと思いました。

 犯人は、弱者を虐げ、それを正義として主張していますが、それは現代の加速している格差社会と重なっているように見えます。
 現代は、一部の富裕層が、弱者を搾取して、虐げ、それを正義だと主張する時代、それがますます悪化する時代です。この事件の犯人は、その状況に影響を受けているように見えます。

 次に、この事件が未来の予兆ではないかと思えます。
 未来を示しているのです。格差社会は悪化するでしょう。もしも、憲法が改悪され、TPPが進められれば、間違いなく、多国籍企業などが自由に経済活動し、ほとんどすべての分野で弱者を守る規則が緩和され、一般庶民は、低賃金、借金、過重労働にあえぐことになるでしょう。この事件は、そうした未来の搾取を象徴的に示しているようにも見えます。

 この犯人は、自民党支持者です。彼の衆議院議長に書いた手紙を読めば、それがわかります。彼が、自分の言葉のでない障がい者殺害を正義として肯定し、ぞれが自民党の幹部ならわかってくれるだろうと妄想しています。彼は、衆議院議長に、「世界を担う大島理森様のお力で世界をより良い方向(重度の障碍者を安楽死させること)に進めて頂けないでしょうか。是非、安倍晋三様のお耳に伝えて頂ければと思います。」と書き、安倍首相に伝えることを願っています。
 彼の頭の中では、弱者を殺す思想を自民党幹部はわかってくれるはずだと思っています。

 さらに彼は自分が2年後の他人として生活するための整形手術や別名での生活のため5億円の金を自民党に頼んでいます。

 狂気としか言いようがありません。

 彼の眼には、TPPを進め、強固な格差社会を作り、憲法を改悪して人権を制限する自民党幹部は、重度障がい者の安楽死を肯定するように見えるのです。

 さらに彼の狂気を感じるのは、彼が自分が自民党の仲間だと思っていることです。
 現社会での強者で権力者である自民党幹部が、彼と仲間であるはずはありません。
 彼は、社会全体から見れば、権力者とは遠い存在です。
 それが権力者である自民党幹部の仲間だと思い込むことが狂気を感じさせます。
 しかし、自分の立場が弱くて、本当は自信がないのに、強者の仲間と思い込むことで、強くなったように妄想する人間もいるのかもしれません。

 こんな分析を書いても私の心は晴れません。
 やりきれない、無念な気持ちです。

 現代は、恐ろしい時代であり、これからもっと恐ろしい時代が来る。今まで大切にされてきたことが、踏みにじられ、悲惨な状況に落ち込み時代がくる。そういう予感で身震いします。
[PR]
by isehyakusyou | 2016-08-02 08:37