「ほっ」と。キャンペーン

冬の畑

畑には大根、長ネギ、のら坊菜、ブロッコリー、キャベツ、白菜。

地味に土作り。
肥料入れて土を混ぜる。

でもいいなあ。こうした地味な畑仕事も楽しい。

FTAとか、TPPとか、無駄な大規模公共工事とか、遺伝子組換え作物とか、多国籍企業の農業支配とか、大嫌い。
無ければいいのに。
強欲、冷酷、支配、搾取とかなければいい。
でもあるから戦う。
a0108371_020354.jpg

[PR]
# by isehyakusyou | 2017-02-14 00:21 | Comments(0)

味噌つくり

 今年は味噌作りをした。
 去年は、来年分の種しかなく、できなかった。
 今年は全滅したので、味噌作り用の在来大豆を買って、一部を種、残りを味噌にした。

 今年は、入れ物を例年、ビニール袋だったので、味噌甕にした。

 また麹は生麹というのを使用した。

 どうなるかな。

 
a0108371_20362567.jpg

[PR]
# by isehyakusyou | 2017-02-13 20:36 | Comments(0)

アメリカファースト?はあ?アメリカが外国に搾取されたことがあるのか?

 トランプ新大統領がアメリカファーストを就任演説で主張した。

 前からこのひとはそう言っていたが、就任演説全文の訳を新聞で読んだ。

 「はあ?アメリカの庶民をひどい格差社会に落とした原因が外国だっていうのか?いい加減にしろよ」と思った。

 アメリカファーストと聞くと、今までアメリカが外国から食い物にされてきた印象を受ける。

 「メキシコ国境に壁を作る」とトランプ大統領は言うが、これではメキシコ人が好きで自分の意志でアメリカに入国したように聞こえる。

 でも実体は違うだろう。
 北米FTAで、メキシコの農業はアメリカの安価な遺伝子組換え農産物などに責められて衰弱した。農民は失業し、生活できないから仕方なくアメリカのための労働者になったというのが実態だと聞いている。

 それを進めたのはアメリカ中心の多国籍企業じゃないか。
 米庶民を格差社会に叩き込んだのは、ウォール街、多国籍企業、1%のスーパーリッチじゃないか。

 メキシコ人は、いい迷惑だ。被害を受けた上に、元凶呼ばわりされて。

 アメリカはいつもアメリカファーストだったじゃないか。日本に基地を置いたのだってそうだし、北米FTAだってそうだ。
 当たり前だろ。自国が自国の利益を考え、行動するのは。アメリカは今までだってそうしてきた。
 (日本は、アメリカファーストだったけどね)

 アメリカの庶民を苦しめる元凶は、外国ではなく、アメリカ国内にいる。
 ウォール街に、ホワイトハウスに、多国籍企業や大銀行にいる。

 それを外国が原因みたいに言うのは、問題をすり替えて、本気で解決する気がないということだろう。
 
 国民の不満のガス抜きのための劇場政治だろう。

 こういう人に熱狂するアメリカ庶民は、また痛い目にあうに違いない。

 また、問題の元凶の一つとされてしまう日本もひどいめに合うに違いない。
[PR]
# by isehyakusyou | 2017-01-25 09:44

新年

今年もよろしくお願いします。
皆様の幸いをお祈りいたします。
a0108371_939328.jpg


a0108371_9354121.jpg

早朝、畑に行った。

大根も、のら坊菜も、ブロッコリーも霜の中生きていた。
がんばれ!
[PR]
# by isehyakusyou | 2017-01-01 09:39 | Comments(0)

攻めの農業? ふざけるな!

今年も終わり。
みなさん一年間お疲れ様です。
よいお年を。

今年も結構TPPに時間を費やした。
デモに行ったり。関係本を読んだり。学習会に参加したり。
訴訟傍聴したり。

最後にこの前、思いついたことを書きます。

安倍首相はTPPに関連して日本の農業は攻めの農業になれとか言ったとか聞く。

ふざけるなと思う。

攻めの農業とは輸出して金を儲けられる農業のことなんだろう。

農業は、本来、商品とか経済に向かないものなのだ。

農作物は、商品ではない。命の糧なのだ。

命の糧で金儲けしてはいけない。

金儲けになると、金が優先で、命は二の次になる。

私が自称、素人百姓なのは、農は金儲けにできないし、なってはいけないという思いが込められている。

大体、自給率を下げて自国の食料が減って、外国向けの高価な農産物作ってどうするつもりだ。

高級果物でも主食にしろとでもいうのか?

農産物は、命の糧で商品でない。
イギリスでもフランスでもみんな政府はそう考えて、補助を80%、90%出して農家を支えている。欧米では農家はほとんど公務員だ。

本来、日本でも食物自給率を守るため、農家にお金を出して支えるべきなのだ。農家を市場経済に差し出すなんてしてはいけないのだ。

「甘えてる?ふざけるな。以前、銀行がバブルで倒産しそうになったとき、さんざん助けたよな。それは甘えてないのか?無駄な道路に何兆円もかけたのは甘えてないのか?ウイドウメーカーのオスプレイに多額のお金を出しているのはどうだ?弱い奴には甘えてるとか強気で、強い奴が甘えても支援するのか?それが日本政府だよな。ましてや食は命の糧だぞ。我々の命の糧を守れ!」

日本政府は、アメリカ政府の食料支配政策に従って、日本の国民の自給率を下げて、アメリカの食料支配に屈してきて、これからも屈するつもりなのだ。アメリカは一貫して「食料は支配のために武器だ」と考えて日本に圧力をかけ続けてきた。

食料がなければ生きていけない。
そのために自国の食物自給率を守らねばならない。
そんな当たり前なことに多くの国民は考えがいかない。

平和ぼけ。
飽食ボケ。

それで大量の食物を残し、廃棄している。

こんな国民は、政府ともども、遺伝子組換え食品に支配されちまうんじゃないかと憂う。

そんな思いでTPPに反対してきた。

友達が「TPPなくなりそうでよかったね」と私に話しかけてきた。
まあ、いろいろ言いたいことはある。まず「まるでTPPは人ごとにようだね」と思った。

来年もよろしくお願いします。

a0108371_12575313.jpg

[PR]
# by isehyakusyou | 2016-12-31 12:58 | Comments(1)