イスラエル

 私はイスラエルやユダヤ人は特別な人たちだと思っている。
 いろんな意味で。
 
 現在の世界を見ると、一神教のキリスト教が大きな勢力で、欧米はキリスト教。そしてキリスト教は、イスラムとは複雑な関係にある。

 しかし、多くの日本人は、実は、キリスト教とイスラム教は兄弟宗教だということを知っているだろうか?

 キリスト教とイスラム教は、旧約聖書から派生した兄弟宗教なのだ。イスラムの聖典、コーランでも、キリストは、優れた預言者として評価されているし、イエスの母、マリアについての記述がコーランにある。

 大本の旧約聖書は言うまでもなく、ユダヤ教、イスラエル民族の聖典だ。

 だから、キリスト教、イスラム教ともユダヤ人、イスラエル人とは無関係ではいられない。

 旧約聖書には、神からの言葉で、カナンの沃野は、イスラエル民族のものだという言葉がある。

 もちろん、これは紀元前のずっと昔の話でこれをそのまま現代に当てはめるのは、どうかと思うが。20世紀のイスラエル国建国の宗教的論拠になっているのだろう。

 だが、実はこれにも裏がある。
 このことは、多くの欧米人は触れないが、現在のユダヤ人は、果たして、旧約聖書時代のユダヤ人と同じなのかという疑問がある。

 現在のユダヤ人は、おおく白人である。アメリカの中枢にいる人たち、欧米の文化の中で活躍した人たち、例えば、マルクス、フロイト、アインシュタイン、チャップリン、キッシンジャーを見ればわかる。
 しかし、中東に住んでいた古代(紀元前の)ユダヤ人たちは白人だろうか?
 
 たぶん違うだろう。 
 旧約聖書時代のユダヤ人は有色人種だろう。

 ユダヤ人にはアシュケナジー・ユダヤ人とステファラディ・ユダヤ人がいて、アシュケナジーは白人、ステファラディは有色人種らしい。

 では、なぜ、白人ユダヤ人がいるのか?

 それは、ハザール人というカスピ海周辺に住んでいた白人たちが、ユダヤ教に紀元後に改宗してユダヤ教徒になり、そこから、白人ユダヤ人が誕生したということらしい。

 私は小滝透という人の「神の世界史・ユダヤ教」という本で読んだ。

 ポールジョンソンという人のユダヤ人の歴史という本には、ハザール人について書いてなかった。

 白人ユダヤ人がハザール系で、旧約聖書のユダヤ人とは別だということになれば、現在のイスラエル国家の宗教的意味合いが違ってくる。宗教的正当性が揺らぐから、ハザール人の話はあまり出ないようになっているのだろうか。

 白人ユダヤ人はアメリカの中枢にたくさんいて、アメリカを動かす大きな勢力であることは間違いないだろう。世界的大富豪の一族、ロスチャイルドもユダヤ人だ。

 旧約聖書とユダヤ人は、今でも世界全体に大きな影響力を持っている。

 『トランプ大統領は就任演説で敬虔(けいけん)なクリスチャン(プロテスタント)信者で、宗教に関する著作が多い佐藤さんが敏感に反応したのは、聖書の引用部分だった。

 「神の民が団結して生きていることができたら、どれほどすばらしいことでしょうか」

 佐藤さんは「これは旧約聖書の『詩編』133編の一節です」と指摘。そしてこの「都に上る歌。ダビデの詩」が意味するものを「ヤーウェ(神)の教えに基づく世界支配は、シオン(イスラエル)から広められるという意味。ダビデ王を理想としたメシアニズム(救世主信仰)を典型的に示す内容です」と解説した。』(スポーツ報知2017年1月22日)佐藤さんとは、佐藤優氏のこと。佐藤優氏は、トランプ大統領と同じカルバン派のキリスト者。

詩編133編
「見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。

かぐわしい油が頭に注がれ、ひげに滴り
 衣の襟に垂れるアロンのひげに滴り

ヘルモンにおく露のように
シオンの山々に滴り落ちる。
シオンで、主は布告された
祝福と、とこしえの命を。」

 油が頭に注がれるとは、神に選ばれた支配者、救世主になるための儀式。(キリストとは油注がれた者という意味だ。)

 アロンとはユダヤの指導的宗教者の名前(モーゼの兄)。

 アメリカ大統領が就任演説で旧約聖書を引用するのはおそらく異例だろう。しかも、ユダヤ宗教家に支配者の印の油が注がれる個所を引用するとは。

 あの暴言王、トランプ氏は、ユダヤ人、イスラエルには最高の賛美と忠誠を伝えたのだ。

 イスラエル人は特別だとしか思えない。

 ユダヤ教は、旧約聖書とタルムードにより成り立っている。

 しかしタルムードは普通手に入らないし、読めない。

 しかし、タルムードの中には、他民族をゴイーム(家畜)と呼び差別し、ユダヤ人が異民族を騙していいと書かれた箇所があるといううわさがある。確かめられない。タルムードが手に入らないから。

 私は、旧約聖書を読み、ユダヤ人の歴史を読み、すごいと思っている。
 迫害、逆境、矛盾に耐え、長年生き延びた民族。
 今でもアメリカを、世界を動かす民族。
 謎に満ちた宗教的民族。
 イスラエル民族。

 一言では言い表せない、不思議な民族だ。

 日本人がこの民族について無知ならば、世界を見誤るのではないかと心配だ。
[PR]
# by isehyakusyou | 2017-03-10 20:36 | Comments(0)

冬の畑

畑には大根、長ネギ、のら坊菜、ブロッコリー、キャベツ、白菜。

地味に土作り。
肥料入れて土を混ぜる。

でもいいなあ。こうした地味な畑仕事も楽しい。

FTAとか、TPPとか、無駄な大規模公共工事とか、遺伝子組換え作物とか、多国籍企業の農業支配とか、大嫌い。
無ければいいのに。
強欲、冷酷、支配、搾取とかなければいい。
でもあるから戦う。
a0108371_020354.jpg

[PR]
# by isehyakusyou | 2017-02-14 00:21 | Comments(0)

味噌つくり

 今年は味噌作りをした。
 去年は、来年分の種しかなく、できなかった。
 今年は全滅したので、味噌作り用の在来大豆を買って、一部を種、残りを味噌にした。

 今年は、入れ物を例年、ビニール袋だったので、味噌甕にした。

 また麹は生麹というのを使用した。

 どうなるかな。

 
a0108371_20362567.jpg

[PR]
# by isehyakusyou | 2017-02-13 20:36 | Comments(0)

アメリカファースト?はあ?アメリカが外国に搾取されたことがあるのか?

 トランプ新大統領がアメリカファーストを就任演説で主張した。

 前からこのひとはそう言っていたが、就任演説全文の訳を新聞で読んだ。

 「はあ?アメリカの庶民をひどい格差社会に落とした原因が外国だっていうのか?いい加減にしろよ」と思った。

 アメリカファーストと聞くと、今までアメリカが外国から食い物にされてきた印象を受ける。

 「メキシコ国境に壁を作る」とトランプ大統領は言うが、これではメキシコ人が好きで自分の意志でアメリカに入国したように聞こえる。

 でも実体は違うだろう。
 北米FTAで、メキシコの農業はアメリカの安価な遺伝子組換え農産物などに責められて衰弱した。農民は失業し、生活できないから仕方なくアメリカのための労働者になったというのが実態だと聞いている。

 それを進めたのはアメリカ中心の多国籍企業じゃないか。
 米庶民を格差社会に叩き込んだのは、ウォール街、多国籍企業、1%のスーパーリッチじゃないか。

 メキシコ人は、いい迷惑だ。被害を受けた上に、元凶呼ばわりされて。

 アメリカはいつもアメリカファーストだったじゃないか。日本に基地を置いたのだってそうだし、北米FTAだってそうだ。
 当たり前だろ。自国が自国の利益を考え、行動するのは。アメリカは今までだってそうしてきた。
 (日本は、アメリカファーストだったけどね)

 アメリカの庶民を苦しめる元凶は、外国ではなく、アメリカ国内にいる。
 ウォール街に、ホワイトハウスに、多国籍企業や大銀行にいる。

 それを外国が原因みたいに言うのは、問題をすり替えて、本気で解決する気がないということだろう。
 
 国民の不満のガス抜きのための劇場政治だろう。

 こういう人に熱狂するアメリカ庶民は、また痛い目にあうに違いない。

 また、問題の元凶の一つとされてしまう日本もひどいめに合うに違いない。
[PR]
# by isehyakusyou | 2017-01-25 09:44

新年

今年もよろしくお願いします。
皆様の幸いをお祈りいたします。
a0108371_939328.jpg


a0108371_9354121.jpg

早朝、畑に行った。

大根も、のら坊菜も、ブロッコリーも霜の中生きていた。
がんばれ!
[PR]
# by isehyakusyou | 2017-01-01 09:39 | Comments(0)