タグ:主要農産物種子法 ( 1 ) タグの人気記事

主要農産物種子法の廃止が進んでいる。遺伝子組換え種の米、麦の支配が始まるのか

 森友学園の煙幕で隠されたのは、改憲緊急事態条項だけではありませんでした。

 昨日、衆議院会館で開かれた「主要農産物種子法廃止」の講習会に行ってきました。その内容の要点を書きます。

 主要農産物種子法という法律の廃案が衆議院農林水産委員会で採択されました。
 4月には参議院でも通りそうだという話です。

 私も初めて知りましたが、主要農産物種子法とは、米、小麦、大麦、裸麦、大豆の種子は、この法律で守られて、都道府県が責任をもって品種改良し、低価格で農家に種を販売しています。

 この法律が廃止されれば、この都道府県の業務に予算が付かなくなり、できなくなっていく可能性が高いです。
 同時に民間会社が米、麦、大豆の種販売に手が出せるようになるのです。

 この背景には、モンサント(現在はバイエルに吸収合併された)という種子多国籍企業が、種でいろいろな国の農業を支配してきた経過があります。モンサントは、農薬と一緒に遺伝子組換え種子を売りつけろ。一度遺伝子組換え農業になってしまうと、農家が遺伝子組換え農業から抜け出せなくなる。ラウンドアップという強力な農薬が土壌を汚染してしまうため、また、異常なモンサントととの契約のためです。

 それで遺伝子組換え農業から抜けられなくなったら、知的所有権(特許権)のある遺伝子組換え種を数倍の値段にして、農家を搾取するという、恐ろしい農業支配を世界で続けてきました。
 
 そのことに主要農産物種子法は邪魔なのでしょう。

 この法律の廃止はアメリカの圧力で行われるのだろうと多くの関係者が推測しています。
 アメリカ政府とモンサント(バイエル)はつながっています。

 日本の米作りを種で支配すること、遺伝子組換え種を広げること、こうした事態が進んでいます。

 都道府県が法律抜きで米の種を守る活動をしていけば、将来、ISD条項で民会会社の儲けを邪魔していると訴えられる可能性もあります。

 また民間会社が米の種を支配するようになれば、米や麦の種は5~10倍の値段が付く可能性があり、日本の米作りは恐ろしい危機を迎えるでしょう。
 米農家が、モンサント(バイエル)の奴隷になるのか?(インドの綿農家はそうした過酷な支配で20万人自殺したそうです)
 それとも日本の米農家が少なくなって、アメリカの米(米の米?)を日本人が食べることになるそうです。

 世界中で有機農業は見直され、遺伝子組換え農業が嫌悪され始めた現在、遺伝子組換えルーレットというDVDを作った専門家ジェフリースミス氏は、「このままでは日本は遺伝子組換え食品のゴミ捨て場になる」と話したそうです。

 4月10日14時参議院会館にてこの件に関して「日本の種子をどうしていくのか」と題して、
 講演会・予定講師・西川芳昭氏・龍谷大学。
 国会議員、農林水産省、生産者、市民の意見交換会を実施するそうです。
 日本の種子を守る有志の会主催

 未定の件もあるので、詳しく知りたい人は、日本の種子を守る有志の会フェイスブックをご覧ください。

https://www.facebook.com/pg/日本の種子たねを守る有志の会-1849692428577839/posts/



日本の種子を守る有志の会の講演会(3月27日)

https://www.youtube.com/watch?v=DKAioCy3Zds&t=2s

を見てください。
[PR]
by isehyakusyou | 2017-03-28 09:25 | Comments(0)