カテゴリ:未分類( 439 )

味噌作り

例年行っている味噌作りを今年も実施。
昨年、大豆が全然取れなかったので、大豆は買いました。
3月29日なので寒仕込みではなく、温仕込みだ、いや暑いくらいで、暑仕込みか。
大丈夫なのか?

あと 4月11日今日の畑ではのら坊菜は菜の花になり、ブロッコリーも満開だ。
長ネギにもネギ坊主が。
春の野菜ももう終わりで、夏野菜の準備に入っている。

a0108371_21425997.jpg

a0108371_21432234.jpg


[PR]
by isehyakusyou | 2018-04-11 21:43 | Comments(0)

TPPが署名される

TPPが署名されました。

TPP関連法案も発効していく方向です。

私が縷々書いてきた恐ろしいTPPが始まろうとしているようです。

以下、私がTPPの一つの情報源としている元農林水産大臣、山田正彦氏のブログからの情報です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大切なことなので、最後まで読んでシエア拡散して頂けば有難い。

TPP11が今月チリで署名式が行われたが、安倍自公政権は6月中旬にも国会での批准手続きを終えると。


TPP11は米国抜きで30章8000頁のTPP協定に6頁の上書きしたもので、日本にとってはTPPが発効する以上に厳しいことになる。

日経新聞がISDSは凍結されたと報道したが、間違いで事実は政府と投資家との契約が適用されないだけで、日本にとっては何も変わらない。

農産物はTPPで、米国からの農産物の輸入を考慮して決めた枠なので、当然その分の凍結を求めなければならないが、日本だけは何も求めなかった。

カナダ、豪国、NZは米国抜きで関税がどんと下がるので絶好の農産物輸出の好機到来と各国のメデアも大歓迎の報道ぶり。

カナダは当初渋っていたが、トルドーもアベの大盤振る舞いに大喜び、2月16日の政府試算では豚肉を中心に日本政府の影響試算、1500億円を1国の輸出で賄うと。

NZも乳製品で、豪国は牛肉で初年度から倍増の試算を。日本政府は対策を打つので、900億円から1500億円の輸入増に止まると説明する。

政府には対策の具体策はなく、影響はないとしたトマト等の野菜だけでも、関税引き下げで東大の鈴木宣弘教授の研究室の試算では、992億円と。

それにトランプは日本の鉄鋼等に関税25%を要求スーパー301条も日本にも押し付けて、以前からの要求農産物の輸出の倍増が、いずれ現実のものに。

これに日欧EPAがこの春にも署名の動きが。政府はTPP11で農産物の価格は下がるが生産量も自給率にも影響はないと説明。

誰が信じることができようか。

日本の農業は今、音をたてて崩れようとしている。

4月11日6時半から9時まで連合会館(千代田区神田駿河台3の2の11)でTPP分析チームによるTPP11の勉強会。

TPP、自由貿易、グローバリズムで儲かるのは多国籍企業と富裕層だけ。

3月31日1時から5時まで、明治大学リバティタワー1階ホールで「グローバリズムは私達を幸せにするか!?」の映画と講演を致します。

講師は辻信一鈴木宣弘両教授に植草一秀さんのコーディネートです。

私の事務所も事務局を引き受けています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上です。


[PR]
by isehyakusyou | 2018-04-01 08:03 | Comments(0)

春の畑が始まる

3月に入って温かくなり、春の畑が始まった。
冬が駄目だったので、春に期待する。


a0108371_12333666.jpg
のらぼう菜に待望の花芽が出てきた。





中心が枯れて茶色いが周りの脇芽に花芽が出てきたブロッコリー。
a0108371_12344767.jpg


小さく生き残った大根。
a0108371_12351436.jpg

[PR]
by isehyakusyou | 2018-03-05 12:38 | Comments(0)

今年の秋~冬の畑はダメでした。

お久しぶりです。
今年の秋、冬の野菜はダメでした。
秋の大根、秋の菜ものはまあまあでした。
大豆はさやに実がつかず。
白菜は小さくて丸くならず。
キャベツは小さい。
ブロッコリーも花芽が小さく茶色くて枯れてしまっていた。

今年はキャベツが500円みたいなところもあって、日本中、葉物はだめだったみたい。
1月にプロに聞いたが、プロでも駄目だと言っていました。

秋から冬に雨が少なすぎて駄目だったと。
あと1~2月の寒さが半端なかった。
それでブログ更新もできなかった。

水道民営化とかいろいろ情報はありましたが。

a0108371_12301324.jpg
さやの中に豆のない大豆。

a0108371_12293718.jpg
成長が悪く丸まらない白菜。


[PR]
by isehyakusyou | 2018-03-05 12:31 | Comments(0)

秋の畑

秋の畑が始まった。
収穫、まだ夏野菜(トマト、万願寺トウガラシ)も取れる。
里芋、サツマイモも収穫。

a0108371_19341565.jpg



里芋は収穫が少ない。

a0108371_19344481.jpg




大根も取れ始めています。
a0108371_19350328.jpg





[PR]
by isehyakusyou | 2017-11-05 19:37 | Comments(0)

選挙の争点は、改憲。中でも緊急事態条項を入れるかどうかだ。

自民や小池新党が口にしないが、今回の選挙の争点は憲法に決まっています。

首相は選挙前から、今後、改憲をする日程を、提案しているし、その通りすると言っていました。

だから、今回は自民党改憲草案の改憲派で話を進めるか、そうではないかを決める選挙です。

自民党改憲草案での最大の問題は緊急事態条項を入れるかどうかです。

これは自民党も公言しています。

小林節さん・樋口陽一さんの「憲法改正の真実」でも緊急事態条項が改憲の本丸ですと書いてあります。

9条についてもありますが、9条はもうすでに戦争法があるのです。安保法制があるのです。

変えなくても現実的には自民党のやれるようにできます。

一方、緊急事態条項は恐ろしい、本当に恐ろしい条項です。

1 緊急事態を首相が自分で宣言できる。

2 緊急事態になれば、首相は法律と同じ政令を作れる。

3 緊急事態であれば首相は予算を決められる。

4 緊急事態には国民の人権を制限できる。

5 緊急事態であれば、選挙は行われない。

6 緊急事態は100日であるが、いくらでも延長が可能。

私は弁護士さん二人の改憲講演会を聞き、二人が口をそろえて「予算・法律を一人で動かせるなら、独裁と同じ。しかも、選挙が行われないなら、もはや民主主義ではない。いくらでも延長出来て、それが当たり前になる。いつでも、そうした独裁状態に持ち込めるなら、権力が暴走する可能性は大きい。」といった内容を話していました。

小林節さん・樋口陽一さんの「憲法改正の真実」でも「自民党が緊急事態条項の新設に躍起になっているのは『俺たちの好きにさせろ』と言っているのに等しい」
「一度手に入れた万能の権力をすぐに手放す気になるかどうか」と同様の危惧をしています。

つまり緊急事態条項は、民主主義を独裁制に変える魔法の杖なのです。

緊急事態条項が入れは日本は民主主義でなくなるのです。

あの維新の会の橋本氏も「自民党改憲草案は悪夢だ」と言ったとのこと。

立憲民主党の『枝野氏はインタビューで「『緊急事態条項』はそれこそ論外。政府が『緊急事態』と言ったら、憲法の縛りなく何でもできるようにすると」「まさにナチスがこれをやったんです」と、正確な歴史認識に基づく危機感を口にした。』
(インターネット情報)

麻生副総裁が「ナチスの手法をまねてはどうかね」と言ったのは有名な話しです。


弁護士さんは、「日本の法律で緊急事態対応の準備は十分できている。東日本震災の場合でも災害時に権力を中心に手中してはダメ、現場に分散したほうがいいと理解されている」と話しています。
北朝鮮のミサイルに迎撃もできないことは、専門家が言っています。
それを緊急事態条項を入れただだけで、迎撃できるようになるなんて、ありえません。

今回の選挙は民主主義か独裁かを選ぶ選挙だと思っています。

参考に山本太郎参議院議員・街頭記者会見10月1日の動画1:20ころからご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=JDcddCA_wEc&t=4856s


[PR]
by isehyakusyou | 2017-10-08 21:55

10月にもまだ夏野菜

10月5日に万願寺トウガラシやトマトやナスがまだとれる。
サツマイモも収穫開始。サツマイモの葉もうまいぞ。
a0108371_21525325.jpg

[PR]
by isehyakusyou | 2017-10-08 21:53 | Comments(0)

白菜無残

9月半ばに苗を植えた白菜が無残にも虫に食われた。
小さい葉が少し出てきた。
白菜の苗は9月後半か10月上旬に植えるべし。
a0108371_21494034.jpg

[PR]
by isehyakusyou | 2017-10-08 21:49 | Comments(0)

選挙の争点は、改憲。中でも緊急事態条項を入れるかどうかだ。

自民や小池新党が口にしないが、今回の選挙の争点は憲法に決まっています。

首相は選挙前から、今後、改憲をする日程を、提案しているし、その通りすると言っていました。

だから、今回は自民党改憲草案の改憲派で話を進めるか、そうではないかを決める選挙です。

自民党改憲草案での最大の問題は緊急事態条項を入れるかどうかです。

これは自民党も公言しています。

小林節さん・樋口陽一さんの「憲法改正の真実」でも緊急事態条項が改憲の本丸ですと書いてあります。

9条についてもありますが、9条はもうすでに戦争法があるのです。安保法制があるのです。

変えなくても現実的には自民党のやれるようにできます。

一方、緊急事態条項は恐ろしい、本当に恐ろしい条項です。

1 緊急事態を首相が自分で宣言できる。

2 緊急事態になれば、首相は法律と同じ政令を作れる。

3 緊急事態であれば首相は予算を決められる。

4 緊急事態には国民の人権を制限できる。

5 緊急事態であれば、選挙は行われない。

6 緊急事態は100日であるが、いくらでも延長が可能。

私は弁護士さん二人の改憲講演会を聞き、二人が口をそろえて「予算・法律を一人で動かせるなら、独裁と同じ。しかも、選挙が行われないなら、もはや民主主義ではない。いくらでも延長出来て、それが当たり前になる。いつでも、そうした独裁状態に持ち込めるなら、権力が暴走する可能性は大きい。」といった内容を話していました。

小林節さん・樋口陽一さんの「憲法改正の真実」でも「自民党が緊急事態条項の新設に躍起になっているのは『俺たちの好きにさせろ』と言っているのに等しい」
「一度手に入れた万能の権力をすぐに手放す気になるかどうか」と同様の危惧をしています。

つまり緊急事態条項は、民主主義を独裁制に変える魔法の杖なのです。

緊急事態条項が入れは日本は民主主義でなくなるのです。

あの維新の会の橋本氏も「自民党改憲草案は悪夢だ」と言ったとのこと。

立憲民主党の『枝野氏はインタビューで「『緊急事態条項』はそれこそ論外。政府が『緊急事態』と言ったら、憲法の縛りなく何でもできるようにすると」「まさにナチスがこれをやったんです」と、正確な歴史認識に基づく危機感を口にした。』
(インターネット情報)

麻生副総裁が「ナチスの手法をまねてはどうかね」と言ったのは有名な話しです。


弁護士さんは、「日本の法律で緊急事態対応の準備は十分できている。東日本震災の場合でも災害時に権力を中心に手中してはダメ、現場に分散したほうがいいと理解されている」と話しています。
北朝鮮のミサイルに迎撃もできないことは、専門家が言っています。
それを緊急事態条項を入れただだけで、迎撃できるようになるなんて、ありえません。

今回の選挙は民主主義か独裁かを選ぶ選挙だと思っています。

[PR]
by isehyakusyou | 2017-10-08 07:49

夏野菜の収穫

たまには夏野菜の収穫をお見せします。
今日はこれに加えて、空芯菜があった。
a0108371_22530589.jpg

[PR]
by isehyakusyou | 2017-08-09 22:53 | Comments(0)